施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

国内の主なホームセンター「カーマ」



中部エリアを代表するホームセンターとして店舗数を拡大してきたカーマは、1970年(昭和45年)に愛知県名古屋市で生まれました。現在はDCM Japanホールディングスの一員として、その存在感をますます加速させています。

愛知県で誕生し中部エリアを代表するホームセンターに

愛知県で誕生し中部エリアを代表するホームセンターに

「カーマホームセンター」を展開するカーマ株式会社は、1970年(昭和45年)に名古屋市緑区で「大高商事株式会社」として誕生しました。1971年(昭和46年)に「株式会社カーマ」へと商号を変更し、1973年(昭和48年)には名古屋市西区に第1号店となる名西店をオープン。その後も「お客様第一主義」を掲げ、愛知県を中心に岐阜、三重、静岡、滋賀、福井、石川、富山、新潟、長野、神奈川の11県下において出店を続けており、平成25年6月現在、その数は136店舗となっています。「しあわせづくり 赤ちゃんから、お年寄りまで」を企業理念とし、顧客の快適な暮らしの実現に向けた売場づくり、サービスの向上に励んでいます。

2006年(平成18年)、株式会社カーマは、同業態である「ホーマック株式会社」「ダイキ株式会社」と経営統合し「DCM Japanホールディングス」の傘下となりました。グループ経営によるスケールメリットを生かし、大量発注によるコストダウンや高い商品調達を実現し、消費者に満足してもらえる店づくりと品ぞろえに取り組んでいます。

エリアによって業態を変え、地域への密着度を向上

エリアによって業態を変え、地域への密着度を向上に

カーマの店舗業態には「カーマホームセンター」「カーマ21」「カーマアットホーム」の3種類があります。エリアの特徴を見極めながら出店業態を吟味し、カーマが得意とする中部地区への集中的な出店によるドミナント戦略により、地域に密着したサービスを実現しています。

カーマホームセンター

カーマホームセンター

商圏人口が5万人程度のエリアに位置する、1500坪前後の売り場面積を有した店舗です。カーマの中で一番多い業態の店舗で、毎日の生活に必要なものをそろえたスタンダードなホームセンターです。

カーマ21

カーマ21

3000坪程度の売り場面積を持つ大規模店舗です。広大な土地が必要なため、都市部から少し離れた場所に位置している店舗が多いものの、プロユースの資材や特殊工具、エクステリア関連商品やアウトドアアイテムなど、売り場面積を生かした豊富な品ぞろえが特徴です。

カーマアットホーム

カーマアットホーム

商圏人口が1万人程度のエリアに位置する、300坪程度の売り場面積を有した店舗です。小規模店舗であることを生かして、地域への密着度を高めながら毎日の生活に欠かせない必需品をリーズナブルな価格で販売しています。

その他の業態

その他の業態

カーマでは、上記の3業態以外に加え様々なショップ展開を図っています。例えばDCM Japanホールディングスの発足により登場した「プロショップ ホダカ」は、工具・金物・作業用品の専門店として、現場で働くプロの人々や道具にこだわるDIYer(DIYを趣味とする人たち)から支持されています。また、「カーマプロ」や「DCMサイクル」など、新業態の実験的運営にも取り組んでいます。