施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

国内の主なホームセンター「カインズ」



全国23都道府県に190店舗のホームセンターを展開する株式会社カインズは、ベイシアグループの一員として大型ショッピングセンターに参画している他、業界に先駆けてスタートさせたPB商品の開発・販売にも力を入れています。

グループ力を生かした複合商業施設を展開

グループ力を生かした複合商業施設を展開

ホームセンター「カインズホーム」を運営する「株式会社カインズ」は、1959年(昭和34年)に創立された「株式会社いせや」を前身としています。1978年(昭和53年)にホームセンター1号店を栃木県に出店し、事業規模を拡大したのち、1989年(平成元年)に株式会社いせやより分社・独立するかたちで「株式会社カインズ」が誕生しました。

カインズの親会社である株式会社いせやは、1997年(平成9年)に「株式会社ベイシア」へと名前を変え、カインズをはじめとする28社からなる企業集団「ベイシアグループ」のショッピングセンター業務を担っています。

いせやの時代から続くベイシアグループは、これまでに吸収や合併を一切行わず自社だけで成長してきたことを最大の強みとしており、そのグループ力を生かし、ショッピングセンターとホームセンター、家電量販店やレストラン、各専門店などを集めた超大型の複合施設の展開を得意としています。

カインズホームの強み

カインズホームの強み

カインズでは、「ライフスタイルの提案」をコンセプトにしたPB品を、オリジナルブランド「カインズ」として広く展開しています。また、グループ全体では環境活動への取り組みにも力を注いでいます。

業界内でいち早くPBの商品開発に着手

業界内でいち早くPBの商品開発に着手

カインズは、ホームセンター業界の中では比較的早い段階からPB商品への取り組みを始めた企業としても知られています。PBとは「プライベートブランド」を意味し、商品開発から製造、販売までをすべて自社で行なう商品のことです。有名メーカーが手がけるナショナルブランド製品(NB品)よりもリーズナブルな価格で提供できるため、多くの消費者へおトク感を訴求することが可能です。

カインズにおけるPB品の商品ジャンルはインテリア用品や日用雑貨、家庭用品をはじめ、ペット用品、園芸用品、DIY、自転車、リフォームなど多岐にわたっており、その数は数万店にも及びます。「コーディネート」「イージーケア」「格好良さ」を商品開発のキーワードに掲げ、高品質の商品を低価格で提供しています。

グループ全体で循環型消費を実現

グループ全体で循環型消費を実現

カインズが所属するベイシアグループでは「資源の循環型消費」をテーマに掲げており、その取り組みのひとつが、カインズホームが販売する「カインズ・リサイクル堆肥」です。これは、カインズが契約した農家に対して土壌改良や効率化の指導を行ない、その農家で収穫された野菜をベイシアグループが買い取りスーパーやコンビニ、フードチェーンの食材として使用する仕組みです。さらに、廃棄された食品は肥料として再び農家に還元。これにより、グループ全体による循環型消費を実現し、安全な食料の提供と環境保護を推進しています。