施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ノコギリの使い方



ノコギリは、木材を切るのに欠かせない道具です。最近は替え刃式のノコギリが広く普及していています。金属の部分(ノコ身)が薄すぎないもの、柄の部分にすべりにくい加工が施してあるものを選びましょう。

DIY木工に欠かせないノコギリ

DIY木工に欠かせないノコギリ

ノコギリは木材を切るための基本道具で、DIY木工には欠かせないアイテムです。ノコギリの種類は刃の形状により大きくふたつに分けられます。ひとつは木材の木目に対して垂直に切断する場合に使用する「横びき用」、もうひとつは木材の木目に沿って切断する場合に使用する「縦びき用」です。初めてノコギリを購入する場合は、横びきにも縦びきにも使用できる両刃ノコギリを購入すると良いでしょう。刃渡り250mm前後のものが使い勝手の良いサイズです。

最近は、ノコギリの刃の部分を交換できる「替え刃式ノコ」が広く普及しており、切れ味が鈍ったら新しい刃に取り替えられるため便利です。

ノコギリの基本

ノコギリの基本

ノコギリは、片手で木材を押さえ、もう片方の手でノコギリを動かすのが基本の使い方です。ノコギリをスムーズに押し引きできるよう、柄の中央あたりでバランス良く握りましょう。木材を手のひら全体でしっかりと固定し、ノコギリの刃を垂直に当てて切断します。

木材をキレイに切断するコツ

木材をキレイに切断するコツ

木材に墨線を引いた場所に指を置き、その指にノコ刃をあてれば簡単に墨線に刃を合わせることができます。最初はノコギリを寝かせながら軽い力で切りはじめ、ノコギリが木材に深く入って安定したらノコギリを立てて力を入れます。刃が傾かないよう慎重に切り進めます。

木材をまっすぐキレイに切断するためには、刃の真上に目線を置き、墨線とノコギリの刃が一直線になっているかを確認しながら切ることが大切です。刃が傾いていると切っている途中で切断面が曲がってしまうので注意してください。

ノコギリに慣れていないとつい細かく動かしてしまいがちですが、刃の全体を使い大きくストロークさせながら切ったほうが刃のブレが小さくなり、美しい仕上がりにつながります。

厚い木材を切るときのコツ

厚い木材を切るときのコツ

角材など厚い木材を切断する際は、まず木材のすべての面に墨線を引くところからスタートしましょう。はじめは板材と同じように切り進め、ある程度まで切ったら木材を回転させます。違う面があらわれたらまた同じように墨線に沿って切り進め、また回転させて別の面を切る、という手順を繰り返します。すべての面を少しずつ切っていくことで、切断面が曲がってしまうのを防ぎます。

そのほかのポイント

そのほかのポイント

木材を切る際は、手で押さえている反対側を何もない状態にしておかなければなりません。木材の両端を台に乗せると安定して切りやすそうに見えますが、切り進めていくうちに木材が刃を挟んでしまいうまく切断することができません。

また、ノコギリに不慣れな人や女性など力の弱い人は、木材を固定する道具である「クランプ」を使用すると良いでしょう。木材を片手で押さえる必要がないので、ノコギリを両手で持って使用できます。その場合は柄のうしろのほうに利き手を持っていくと力を入れやすくなります。