施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

電動丸ノコの使い方



正確かつスピーディーに直線を切ることができる電動丸ノコは、その強力なパワーが一番の魅力です。そのぶん危険も多いので、取り扱いにはじゅうぶん注意して下さい。安全を最優先にして作業を進めることが大切です。

強力なパワーを持つ電動丸ノコは直線切りに最適

強力なパワーを持つ電動丸ノコは直線切りに最適

電動丸ノコは、円形の刃が高速で回転して木材を切断する直線専門の道具です。素早く正確に切断でき、厚みのある木材もなめらかにカットできるのが特徴です。

電動丸ノコを使用する際は、コードの扱いに注意する必要があります。コードが刃先周辺にあると誤って切断してしまうことがあるので、体の前から肩に担ぐようにして背中のほうへコードを回しておきましょう。

電動丸ノコの基本

電動丸ノコの基本

電動丸ノコを使う前には、必ず刃の出具合を調整します。電源を抜いた状態であることを確認し、調整ネジをゆるめてから、木材にあてがうベース部分を動かします。固定する前に実際に切る木材を刃にあてて、刃先が少し出るくらいの深さに調整して下さい。また、木材を垂直に切る場合はサシガネなどをあてて、刃が垂直になっていることを確認します。

実際に木材を切るときは、左右にブレないよう脇をしっかりと締めて、切る方向の正面に立ちます。電動丸ノコを利き手で持ち、人差し指はスイッチにかけておきましょう。ベース部分が浮いているとまっすぐに切ることができないので、木材に密着させながら切り進めるのがキレイに切断するコツです。

電動丸ノコを使いこなすには

電動丸ノコを使いこなすには

パワーの強い電動丸ノコでぶれることなくまっすぐ切り進めるためには、定規などをあてて作業する必要があります。あらかじめ、いらなくなった木材を直角に組んで簡単な垂直定規を作っておくと良いでしょう。

木材を切る際は、まず定規を木材に沿わせて固定し、ベースの先端を木材にあてます。電動丸ノコは、作業する側から刃の位置を確認することができないため、ベース部分に刃の位置を示す切り欠きが付いています。そこに墨線を合わせて、切る位置と進む方向の確認を行ないます。切り始めたら、ベースを木材に押しつけて密着させたまま切り進めます。切り終えたあとは、回転が止まったことをしっかり確認してから電動丸ノコを持ち上げて下さい。

角度切りの方法

角度切りの方法

電動丸ノコのもうひとつの特徴は、角度切りができることです。多くの丸ノコは最大45度までの角度切りに対応しており、切る前に角度調整ネジをゆるめて希望の角度に調整します。

角度切りを行なう際は電動丸ノコをななめにして切り進めることになるので、どうしてもブレやすくなってしまいます。角度切りでも電動丸ノコをしっかりと持てるよう、練習を重ねて慣れることが大切です。

大きな板を切るときは捨て板を用意する

大きな板を切るときは捨て板を用意する

大きな板を切る際は、片方が浮いた状態ではなかなか安定せず危険です。そこで、「捨て板」として切れてしまっても問題のない板を用意し、その上に材料を置いて作業を行ないます。この方法なら、切っている途中に板が浮いてしまうことがなく、安全に作業を進めることができます。