施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ジグソーの使い方



直線も曲線も切ることができるジグソーは、電動工具の中でも危険度が低く初心者でも扱いやすい道具です。まっすぐ切り進めるためには多少のコツがいるので、道具などを活用しながらうまく使いこなして下さい。

直線も曲線もOK。危険度が低く扱いやすい

直線も曲線もOK。危険度が低く扱いやすい

ジグソーは直線も曲線も切ることができる工具です。ブレード(刃)を取り替えることで、木材だけでなく金属を切ることもできます。電動丸ノコと比較すると切断スピードは劣りますが、そのぶん危険度が低く初心者でも扱いやすい電動工具です。ジグソーには様々な種類がありますが、はじめて購入する場合は低速から高速まで材料に合わせてスピードが調整できる変速タイプがおすすめです。

ジグソーの基本

ジグソーの基本

ジグソーを使用するときは、定規などのガイドを使って切り進めることと、体重を乗せて材料をしっかり押さえつけることが大切なポイントです。作業中の目線はブレードを見下ろせる位置に固定します。ジグソーは片手で持って作業を行なうのが基本ですが、慣れないうちは両手で扱っても大丈夫です。その際はクランプなどで材料を固定して作業して下さい。

金属など他の材料を切る場合はブレードを交換する必要があります。最近販売されているジグソーは、ブレードを本体に押し込むだけで簡単に取り付けられるタイプのものがほとんどなので手間がかかりません。事故防止のため、ブレードを交換する際は必ず電源プラグを抜いておきましょう。

ジグソーで直線を切る

ジグソーで直線を切る

変速タイプのものであれば、まずは切断スピードを調整します。ジグソーを構えてベース部分の先端を材料にあて、クランプや空いたほうの手で材料をしっかりと固定します。手で材料を押さえる場合は、必ずジグソーの真横に手を置くようにしましょう。進行方向に手を置くととても危険です。

ブレードはまだ材料にあてず、スイッチを入れてブレードが上下する速度が安定してから墨線に沿って切り進めます。

まっすぐ切るには道具を活用

直線切りに特化した電動丸ノコと比べ、ジグソーで直線を切るのは少し難易度が高いかもしれません。慣れないうちは定規の角度が変えられる「角度定規」を使ったり、長い木材をクランプで固定したものをガイドにしたりして、ジグソーをまっすぐ切り進められるよう工夫しましょう。ほとんどのジグソーにオプションとして同梱されている「平行ガイド」はベースの先端に付けて使用する道具で、切断する材料の端に沿わせることでまっすぐに切ることができます。

ジグソーで曲線を切る

ジグソーで曲線を切る

ジグソーの強みは曲線切りが可能であることです。直線切りと同じように、材料をしっかり固定して、ブレードの速度が安定してから切り始めましょう。墨線に合わせて、材料を動かしたり立つ位置を変えたりすると切りやすくなります。ただし、曲線切りは直線を切る場合と比べてブレードに負担がかかりやすいため、慎重に切り進めないと切断面が汚くなってしまったりブレードが折れてしまったりということがあります。切っている途中でブレードが墨線から外れてしまったら、一旦スイッチを切り、外れた位置に戻って再スタートして下さい。一気に切ってしまおうと焦らず、少しずつ切り進めることがポイントです。