施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

サンドペーパー・サンダーの使い方



サンドペーパーは、研磨作業に欠かせないアイテムです。研磨剤の粗さにより様々な種類がありますので、目的に合わせて選びましょう。広い面積を一度に磨くときは、サンドペーパーを取り付けて使用する「サンダー」が便利です。

研磨作業に欠かせないサンドペーパー

研磨作業に欠かせないサンドペーパー

サンドペーパーは紙などに研磨剤を貼り付けたもので、「削る」「磨く」といった作業に使用します。研磨剤の荒さによって「番手」が分けられており、粗い研磨剤から順に数字が大きくなります。一般的に木工に使用するサンドペーパーは40~400番となっており、目的に合わせて番手をうまく使い分けましょう。サンドペーパーには紙製と布製があり、裏面には番手が印刷されています。布製のサンドペーパーのほうが耐久性に優れていますが、紙製に比べて高価です。

パッド部分にサンドペーパーを装着して使用する「サンダー」は、パッドが前後に動くことで研磨作業が楽に行なえる工具です。塗装の下地を作ったり、平面を仕上げたりする時に使います。

サンドペーパーの番手について

サンドペーパーの番手について

サンドペーパーの番手は、数字が少ないほど粗く、数字が大きいほど細かくなります。下地の粗磨きには80番前後を、最後の仕上げ用には200番前後を使用するのが一般的です。

サンドペーパーの使い方

サンドペーパーの使い方

サンドペーパーで平面を磨く際は、「サンドブロック」を使うのが基本です。サンドブロックとは木片にサンドペーパーを巻き付けたもので、いらない木片を利用して自作するほか、サンドペーパーをはめ込んで固定できる専用の道具も市販されています。

サンドペーパーを切る際は、研磨剤が刃を傷めてしまいますので、ハサミではなくカッターナイフなどを使用しましょう。

木材の表面を磨く

木材の表面を磨く際は、サンドブロックを木目に沿って動かします。同じ方向に向かって力を均等にかけながら動かすとキレイに仕上がります。

表面をなめらかに仕上げたい場合は順目(ならいめ)の方向に動かし、表面を毛羽立たせたい場合は逆目(さかめ)に向かって動かしましょう。

木材の溝を磨く

溝の幅より少し小さな木片にサンドペーパーを巻き付けてサンドブロックを作り、それを溝にあてて磨きます。ペーパーを折りたたんで磨く方法もありますが、専用のサンドブロックを使用したほうが、効率良くキレイに磨くことができます。

曲線を磨く

曲線になった木材の切断面など、丸い部分を磨く際はサンドペーパーを折りたたんで使用します。指の腹を使い、カーブに沿ってていねいに磨いていきましょう。

広い面積を磨くときはサンダーを使う

広い面積を磨くときはサンダーを使う

広い面積を磨く際は、サンダーを使用すると便利です。サンダーには、電動工具の「サンダー」のほか、手で使用する「ハンドサンダー」もあります。ハンドサンダーにはハンドルが付いており、底にサンドペーパーを装着しハンドルを握って使用します。

電動のサンダーは、パッドにサンドペーパーを取り付け、木材に押さえつけながら使用します。サンドブロックと同様に、同じ方向へ動かしながら磨いていきましょう。