施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

カナヅチの使い方



クギを打つときに欠かせない道具といえばカナヅチです。とてもシンプルな道具ですが木工の基本となる道具なので、ぜひ使いこなせるようにして下さい。

「打つ」「たたく」ためのシンプルな道具

「打つ」「たたく」ためのシンプルな道具

カナヅチは木製の柄に鉄の頭が付いているだけのシンプルな道具ですが、「打つ」「たたく」といった作業に欠かせない基本道具です。頭部分は平らな面の「平(ひら)」と凸面になっている「木殺し(きごろし)」からなっており、平はクギや木組み、ノミを打つときやカンナの刃を調整するときなどに使用します。平でクギを打ち込み、最後に木殺しを使用することで、木材に傷をつけず美しく仕上げることができます。

近年はドライバードリルなどの登場により活躍の場が減りつつあるカナヅチですが、カナヅチを使いこなすには力加減や体の重心位置を理解することが必要となるため、カナヅチの扱い方をマスターすれば他の木工道具もうまく使えるようになるという利点があります。

カナヅチの基本

カナヅチの基本

カナヅチを握る位置は柄の中央よりやや下が基本ですが、クギの長さによって調整して下さい。中指、薬指、小指を使って握るようにすると、手首を自由に動かすことができます。カナヅチを使用するときは足を前後に開き、やや前傾の姿勢で構えます。そうすることで体の重心が前のほうへと移動するため、カナヅチに強い衝撃を与えやすくなります。座って作業する際も、前傾姿勢をとって体の重心を前のほうへ置くことを意識して下さい。

クギをまっすぐ打ち込むコツ

クギをまっすぐ打ち込むコツ

カナヅチでクギをまっすぐ打ち込むには、手首のスナップをうまく利用することが大切です。握っている手に力を入れすぎず、手首を支点にするイメージで、ヒジから下を動かします。加えて、クギの長さによって柄を握る位置や打つ力を変えることも、カナヅチでクギをうまく打ち込むコツです。小さいクギを打つときはカナヅチの柄を短く持って弱い力でたたきます。反対に長いクギを打つ場合は、カナヅチの柄の端のほうを持ち、高い位置から思い切り振り下ろしましょう。

クギを打つときの手順

クギを打つときの手順

まず初めにクギを打つ場所に印を付け、キリで軽く穴を開けます。こうすることで、クギを打ち込んだときの衝撃で木材が割れるのを防ぎます。開けた穴にクギをまっすぐ指し、カナヅチの平の面で、クギを指で支えながら軽い力で打っていきます。クギが動かなくなったら支えていた指を離し、その手で木材を押さえ、再度クギを打ちます。クギが倒れてしまわないよう、先ほどより少し強い程度の力で打つことを意識して下さい。クギの3分の1程度までが木材に入ったら、カナヅチを少し高い位置から振り下ろします。この段階になるとクギの位置が安定しているので、かなり強い力で打ち込んでも大丈夫です。クギ頭だけが出ている状態になったら、カナヅチの木殺しの面を下にし、力一杯振り下ろします。打ち込んだクギを指の腹で触って、木材の面と同じか少しへこんでいる状態であれば完了です。クギ頭が指にひっかかるようであれば、もう一度打ち込んで下さい。