施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ドライバードリルの使い方



小型ながら、ネジ締めや穴あけをパワフルかつ簡単にこなしてくれるドライバードリルは、木工作業を行なうときの強い味方です。扱いやすい道具とはいえ油断せず、安全性に配慮して事故のないよう努めましょう。

ネジ締めや穴あけに欠かせない電動道具

ネジ締めや穴あけに欠かせない電動道具

ドライバードリルは、ネジ締めの作業や穴をあけるときにとても便利な電動工具です。「ビット」と呼ばれるドライバードリルの先端部分を、用途に合わせて取り替えながら使用します。ビットにはネジを締めるための「ドライバービット」と、穴をあけるための「ドリルビット」があり、それぞれに様々な大きさや形状のものがあります。たくさんの穴をあけたり大きな穴をあけたり、ネジで木を接合する際にもドライバードリルは活躍します。小型でパワーがあるドライバードリルは力の弱い女性でも扱いやすく、木工作業を行なうなら1台は用意しておきたいアイテムです。コード式よりもバッテリー式のほうが使い勝手が良くおすすめです。バッテリーのボルト数が大きいほどパワーがありますが、そのぶんバッテリーのサイズが大きく重くなりますので、使うシーンを想定しながら選ぶと良いでしょう。

ドライバードリルの基本

ドライバードリルの基本

まずはドライバードリルのグリップを軽く握り、人差し指は常にスイッチにかけておきます。下向きで作業を行なうときは、前後と左右の2方向から、ビットと材料が垂直になっているかをしっかり確認してからスイッチを入れます。ネジ締めの場合、片手で材料を押さえながら、ドライバードリルを持っているほうのヒジを曲げ伸ばして操作するのがうまく作業を進めるコツです。穴あけの場合は、ドライバードリル本体にもう一方の手を添え、そちらの手で押し下げていきましょう。

壁に穴をあける場合など前を向いて作業するときも、ビットと穴をあける箇所が垂直になるよう気をつけて下さい。足を前後に開いて立つと作業がしやすいでしょう。

ビットの取り付け方法と注意点

ビットの取り付け方法と注意点

ドライバードリルは用途に合わせてビットを交換するため、ビットの取り付け方法をしっかりマスターしておきましょう。

ビットを取り付ける際はまず、ビットを装着する「チャック」と呼ばれる部分をゆるめるために、チャックを覆っているカバー部分を回します。このとき、取り付け中に何かの拍子でドライバードリルが回転してしまわないよう、ビットの回転方向を変える「正・逆ボタン」をロックの位置に合わせておくことを忘れないで下さい。

チャックがゆるんだら装着してあるビットを引き抜き、交換するビットを差し込みます。チャックカバーを回してビットを固定したら、ビットがチャックの中心でしっかりかみ合っているかを確認しましょう。ビットの軸がずれたまま作業を行なうと、ビットが折れるなど事故の原因となるので十分に注意します。

装着完了後は、正・逆ボタンのロックを解除してからスイッチを入れて試し回転を行ない、きちんと装着できているかを確認します。軸がぶれずに回転していれば大丈夫です。事故防止のため、試し回転はビットを交換するたびに必ず行ないましょう。