施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

その他の道具の使い方



これまで紹介した道具のほかに、日曜大工やリフォーム施工、メンテナンス作業で役に立つ道具や工具をご紹介します。すべてを一度にそろえる必要はありませんが、つくりたい作品や用途に合わせて、賢く買いそろえると良いでしょう。

ラジオペンチ

ラジオペンチ

先端が細くなっているペンチで、針金を曲げたり細かいものをつかんだりする際に使います。口の奥に、針金を切断するための刃が付いているものもあります。

ニッパー

ニッパー

針金やコードなどの線材を切断するための工具で、根元に穴が空いているものもあります。この穴はコードを覆っているビニールのみを切断するためのもので、ビニールを取ってコードの中の芯(心材)を出す際に使用します。

キリ

キリ

主に木材など軟らかい材料に穴をあける道具です。先端に付いた鋭い針状の金属が三角すいの形になっているものを「三ツ目」といい、大きく深い穴をあけるときに使います。先へ行くほど細くなっていて金属の形が四角すいのものは「四ツ目」といい、くぎを打つ前の下穴をあけるときなどに使います。

スパナ・レンチ

スパナ・レンチ

もともとは同じ道具を指す言葉で、アメリカではレンチ、イギリスではスパナと呼ばれています。とはいえ、日本ではその形状によってあいまいながら区別されており、あいている口の部分にボルトをはさむように使うものをスパナ、ボルトにかぶせて使うものをレンチと呼ぶことが多いようです。

見た目はスパナに近いのですが、ボルトやナットの幅に合わせて調整できるタイプの工具は、「モンキーレンチ(アジャスタブルレンチ)」と呼ばれています。

ドライバー

ドライバー

金属部分の先端がプラスの形状のものとマイナスの形状ものがあり、それぞれに「プラスドライバー」「マイナスドライバー」と言います。木ネジやビスをしめたり緩めたりの際には必ず必要となるアイテムです。それぞれ大小2本ずつくらいを手元に置いておくと良いでしょう。

カンナ

カンナ

長方形の木台に刃が仕込まれた道具で、主に木材の表面を削って平らにするために使用します。木材のサイズを微調整するため、材料の面取りをするときに使用することもあります。カンナは、刃の出し方の調整や刃研ぎなどメンテナンスが難しい道具です。メンテナンスだけでなく使い方によっても仕上がりがまったく変わってきますので、使いこなすまでにはかなりの慣れが必要です。

水準器(水平器)

水準器(水平器)

つくるものの水平を図るための道具です。「水平は重力方向に対して直角の方向である」という原理を利用しており、「気泡管水平器」「指針型水平器」「デジタル水平器」などがあります。

サシガネ

サシガネ

サシガネは、目盛りの付いた金属が直角になっているものです。長さを測ったり、直角を確認したり、曲線を引いたりと様々な用途に使用します。スコヤは、見た目にはサシガネに似ていますが少し小ぶりで、直角部分がでっぱっていて材料の端にひっかかるようなつくりになっています。正確に直角を出したい場合、90度や45度の墨引を素早く行ないたいときに便利です。