施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

接合・固定部品の選び方



棚板や側板を固定、接合するためには様々な方法があります。どんな部品を選ぶのかによって見た目の美しさや強度が変わってきますので、用途や設置する場所に合わせて賢く選んで下さい。

棚板を固定する際の接合・固定部品

棚板を固定する際の接合・固定部品

棚板に何を乗せるのか、用途によって求められる強度は変わります。部品によって取り付ける際の難易度も異なりますので、目的に合ったものを選びましょう。

クギ・木ネジ

横からクギや木ネジを打ち込んで棚板を固定する方法です。難易度は低く簡単に取り付けることができますが、強度は高くないため重いものを乗せて使用するのは避けたほうが良いでしょう。

L字金具、T字金具

クギや木ネジの強度の低さを補強するために使用します。L字金具は、クギや木ネジで棚板を固定したあと、棚板の下側に沿えて支えるように取り付けます。T字金具は、棚の表側から棚板と側板をつなぎます。T字金具は装飾としての役割を果たすようなデザインのものも多くあり、強度を増す他、見た目を豪華にしたい場合にもおすすめです。

ダボ

ダボとは、木材同士をつなぎ合わせるときに使用する棒状の部品のことで、木製のほか、金属でできたものやプラスチック製のものもあります。棚板の側面と側板に穴をあけ、接着剤を入れてダボでつなぎます。

棚レール

棚レールは、いつでも棚の位置を変えられるというメリットを持つ部品です。一見難しそうにも見えますが、意外にも金具自体の取り付け方法は簡単で、初心者向けの部品といえます。美観と実用性を兼ね備えた方法です。

箱の側板を組む際の接合・固定部品

箱の側板を組む際の接合・固定部品

箱の側面を固定する際は、求める強度から選ぶ他、側板の厚さによっても使用できる部品が変わってくるので注意が必要です。

クギ・木ネジ

一番オーソドックスで簡単な方法です。クギや木ネジを打ち込んで棚板同士を固定します。カナヅチで打ち込む際にずれやすいので、ていねいに行ないましょう。クギ頭が気になる場合は、最後に深く打ち込み、へこんだ部分をパテなどで埋めて隠すと良いでしょう。

強度を増したい場合は、棚の角となる部分に角材を取り付けて、その両サイドからクギや木ネジを打ち込む方法もあります。端材などを利用すれば、新しい部品を購入することなくリーズナブルに取り付けることができます。

金具

側板にある程度厚みがある素材を使用しているなら、外側から金具で打ち付ける方法がおすすめです。強度が高く頑丈な作品になりますが、金具の数が多いとそのぶん重くなってしまうデメリットもあります。

ビスケットジョイント

側板の接合部分の両方に溝を彫り、「ビスケット」と呼ばれるブナの圧縮材に接着剤を付け、溝にはめ込んで固定します。これは接着剤の水分でビスケットが膨張する仕組みで、接合部分の強度はかなり高いものになります。溝を掘るときはカッターやルーターを使用するか、ビスケットジョイントに特化した専用工具も販売されています。外側からは何も見えないため、美観に富んだ方法です。