施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

テーブルの作り方



大型家具の代表でもあるテーブルですが、初めに寸法だけしっかりと決めてしまえば、比較的難しくはありません。見た目の美しさや質感にこだわりたい人は、材料の選び方や塗装の仕上げ方などに工夫を凝らしてみましょう。

設計に人間工学の知恵を取り入れる

設計に人間工学の知恵を取り入れる

イスと同様に、テーブルをつくるときも人間工学を取り入れると使いやすくなります。使用する人数や、イスに座って使うのか床に座って使うのかといった面からも寸法を考慮する必要があります。市販されているテーブルのサイズや作りなども参考にしながら、理想のテーブルを作りあげましょう。

ダイニングテーブル

ダイニングテーブル

食事をするときに必要な1人分の寸法は、幅60センチ奥行40センチです。この広さが確保されていれば、食器が並んだ際に隣の人と肘がぶつからず快適に食事ができます。このサイズを基準に考えると、4人用のダイニングテーブルなら120センチ×80センチ、6人用であれば180センチ×80センチとなります。ただしこれは最小限の寸法なので、設置スペースに余裕があればもう少し大きなテーブルのほうが使い勝手が良いでしょう。

円形のテーブルをつくろうと考えているなら、4人用ではテーブルの直径が100センチ程度、6人用ではテーブルの直径が120センチ程度あると、並んで座ったときに窮屈に感じることなく、楽しい食事の時間を過ごせます。

テーブルの高さはイスの高さを基準に考える

テーブルの高さはイスの高さを基準に考える

テーブルの使いやすさは、イスとの高さに関係します。イスの座面とテーブルの高さの差を「差尺」といい、食事がしやすい差尺は座高の3分の1の長さから2~3センチ差し引いた寸法と言われています。身長が160~180センチ未満の人であれば差尺の目安は大体27~30センチとなります。

日本で販売されているイスの座面の高さは40センチ前後のものが多く、それに世もなってテーブルの高さは70センチ前後のものがほとんどです。最近は、くつろいで食事ができるようなコンセプトで、テーブルとイスともに数センチ低めにつくられたダイニングセットなども人気です。

DIYでダイニングテーブルを作るときは、理想とする食事スタイルなども想像しながら設計を進めると良いかもしれません。

オフィステーブル

オフィステーブル

仕事や読書、勉強などを行なうオフィステーブルは、広さに比例して使い勝手が良くなります。基本的にひとりで使用するものなので、設置するスペースに余裕がない場合など小さなサイズでつくるなら幅80センチ×奥行50センチほどでも良いでしょう。ただしこのサイズのテーブルでは、パソコンを広げながらノートや本を広げるといった使い方は難しいかもしれません。使いやすさを求めるなら、幅115センチ×奥行き65センチ程度は欲しいところです。

ちゃぶ台、座卓

ちゃぶ台、座卓

ちゃぶ台や座卓は正座して使うため、座面までの高さは35センチ前後が目安です。横幅はイスを使用するテーブルよりも広めに取り、4人で使用するなら130センチ程度は確保しておきましょう。奥行きは80センチあれば十分です。