施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

外壁のメンテナンス



外壁は、汚れやひびが目立つ前のメンテナンスを心がけていれば、美観を保ちつつ崩壊につながるような危険を回避できます。範囲が広いため一度に行なうのは大変ですが、気がついたときや時間のできたときに少しずつメンテナンスしてみてはいかがでしょうか。

メンテナンスで外壁の美しさを保つ

メンテナンスで外壁の美しさを保つ

外から見たときの家の印象を左右する外壁は、できる限り美しく保ちたいものです。ブロック塀やモルタルの外壁は、メンテナンスしないまま放っておくと表面のひびや小さな穴から染みこんだ水によってカビやコケが繁殖し、それらが劣化の原因となります。そうなる前に、表面的な汚れが目立ってきたら早めに手を打つことが大切です。難しそうに思える外壁のメンテナンスですが、ポイントとコツを押さえれば効率良く行なうことができます。

ひび割れを補修する

ひび割れを補修する

「変性シリコン充てん剤」とナイロンブラシ、ヘラを使って、ブロック塀や外壁の補修を行ないます。

ナイロンブラシでひびの中のゴミをかき出したら、ひびの端から端まで充てん剤をゆっくりと注入します。ヘラを使って、充てん剤がひびの奥まで届くようイメージしながら押し込んで下さい。表面を平らにならしたら終了です。

ブロック塀の穴を埋める

ブロック塀の穴を埋める

ブロック塀に穴があいてしまったら、すぐに補修することが大切です。見栄えが悪いだけでなく、そのままにしておくとブロックが崩壊する原因にもなります。ブロック塀の穴の補修には、「樹脂セメント」とヘラ、コテを使用します。

小さい穴の場合はそのままセメントを埋め込みますが、穴が大きい場合は穴の中に小石を入れてから補修を始めます。セメントを埋め込む前に、穴の中やまわりに水をかけてセメントを付きやすくしておきましょう。ヘラを使い、よく混ぜたセメントを穴の中にたっぷりと詰め込んだら、コテを使って表面をならします。平らになったら乾燥させて終了です。

ブロック塀を塗装する

ブロック塀を塗装する

そのままではひび割れしやすいブロック塀に塗装を施して、表面を保護する方法です。アクリル塗料を使用すれば強力な膜をつくることができるので、ひび割れや亀裂に強く水を寄せ付けない塀になります。ブロック塀の塗装には、水性ペイントを使用する方法とスプレーペイントで施す方法がありますが、どちらの場合も事前に汚れやカビをしっかり落とし、ひび割れなどの補修を行なっておきましょう。また、塗料をつけたくない場所にしっかりとマスキングを施してから塗装の作業を始めて下さい。

水性ペイントで塗装する

用意するものは外壁に対応した水性アクリル弾性凹凸塗料と、凹凸塗料専用のローラー、ハケなどです。凹凸塗料は粘度が高いので、缶を前後左右に何度も揺すってしっかり撹拌しておきましょう。ブロックのコーナーや端の部分はハケで塗っていき、フェンスの柱まわりなど細かい箇所は小さな筆を使用すると便利です。広い部分はローラーを使って一気に塗っていきます。

ペイントスプレーで塗装する

多用途の水性ペイントスプレーを使って外壁を塗装します。スプレーをよく振ってから、上から下に向かって左右に動かしながらスプレーを吹き付けていきます。ムラなく塗れていれば終了です。