施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

トタン屋根のメンテナンス



瓦に比べ軽量かつ低コストで施工できるトタン屋根は、明治時代あたりから普及し始めた方法で、今も広く使われています。トタン屋根に使用する金属板にはあらかじめサビ止め加工を施してありますが、年月とともにその効果は薄れてしまいます。定期的なメンテナンスで、トタン屋根を美しく保ちましょう。

トタン屋根はメンテナンスが不可欠

トタン屋根はメンテナンスが不可欠

トタン屋根とは、サビ止めのメッキなどを施した金属板を屋根に設置したもので、価格の安さや施行のしやすさ、建物への負担が少ないといったメリットから、昔ながらの家屋や物置などに多く利用されています。屋根以外に、外壁などに使用されることもあります。

一方で、トタン屋根に使用されている金属板は0.4mm程度と薄いものが多いため、定期的なメンテナンス行なわないと破損やサビにつながります。それらが全体に広がるとトタン屋根そのものを取り替えなければならなくなるため、早めのメンテナンスがトタン屋根をキレイに長持ちさせる秘訣です。

トタン屋根のひび割れを修理する

トタン屋根のひび割れを修理する

トタン屋根にひび割れが入ってしまうと、雨漏りの原因となりそこからサビが発生します。そのため、ひび割れを発見したらできるだけ早く修理を行なうことが大切です。トタン屋根のひび割れ修理には、幅広の「防水補修テープ」を使用します。完全防水で紫外線に強いため、屋外設備の補修に最適です。

ひび割れを防水補修テープで覆う

ひび割れた箇所を確認して長さを測り、ひび割れよりも少し長めに切った防水補修テープを表側に貼ります。トタンの端に防水補修テープを巻き込み、裏側にテープを回して貼り付けます。こうすることで、同じ箇所が再びひび割れるのを防ぎます。

トタン屋根を塗り替える

トタン屋根を塗り替える

トタン屋根は年月とともに表面の色があせてきますが、そのままでは塗料による防サビ効果も弱まっているのでサビが出やすい状態になっています。トタン屋根にサビが発生すると腐食し穴があいてしまうので、早めの対処が必要です。トタン屋根の塗り替えには、「サビ止め塗料」と、油性の「トタン用塗料」を使用します。油性塗料は乾燥するまでに時間がかかるので、トタン屋根の塗り替えは晴天が続く日に行ないましょう。

すでにできたサビを落とす

トタン屋根を塗り替える前に、すでに錆びている部分をスチールタワシやサンドペーパーで削り落とします。目安としては、サビの赤い色が消えて地金の色が見えれば大丈夫です。少しでもサビが残っているとそこからまたサビが広がってしまいますので、徹底的に落としましょう。

トタン屋根を塗装する

サビを落とした部分にサビ止め塗料を塗り、乾燥させます。サビ止め塗料が乾いたら、事前によく撹拌しておいたトタン用塗料を屋根全体に塗り広げます。トタン屋根の塗装には、ハケだけでなく金属でできた「ワイヤーブラシ」を使うと、切妻やミゾの部分など塗りにくい箇所の塗り残しが防げます。可能であれば、1日ほど置いて完全に乾燥させたあともう一度重ね塗りを行なうと、見た目も良くなり、防サビ効果も高くなります。