施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

壁紙の張り替え



裏面にノリがついたタイプの壁紙を使えば、初心者でも簡単に壁紙を張り替えることができます。工程ごとのポイントに注意しながら、プロ顔負けの仕上がりを目指しましょう。

広範囲に壁が汚れてきたら壁紙を張り替えるサイン

広範囲に壁が汚れてきたら壁紙を張り替えるサイン

壁の汚れや傷が広い範囲にわたって目立ち始めたら、思い切って壁紙を新しいものに張り替えてみるのもおすすめです。壁紙の裏面にのりがついている「生のりタイプ」なら、ひとりでも簡単に壁紙を張ることができます。

壁紙を張り替える際に用意しておきたい道具は、「カット定規」「押さえローラー」「カッターナイフ」「メジャー」「ヘラ」などです。「なでバケ」「なでベラ」といった壁紙を押さえるための専用道具があると便利ですが、タオルなどでも代用できます。壁紙の剥がれを防ぐために、下地押さえ紙で下地調整を行なうとベターです。また、壁紙の張り替えは高いところでの作業が多くなるため、安定性の高い脚立を用意しておきましょう。

古い壁紙を剥がし、壁の四隅に下地押さえ紙を張る

古い壁紙を剥がし、壁の四隅に下地押さえ紙を張る

古い壁紙を剥がしたら、下地押さえ紙を壁の四隅に張ります。下地押さえ紙を張る部分にハケでノリを塗り、紙を強く引っ張りながら貼り付けます。同じ要領で壁の上下左右の四隅に下地押さえ紙を張って終了です。

壁紙を張る

壁紙を張る

壁紙を張り始める前に、メジャーで壁の各サイズを測っておきます。その寸法をもとに壁紙をカットしていきますが、実際の長さよりも5~10センチほど長めにカットしましょう。実寸ぴったりでカットしてしまうと、実際に張り始めてから長さが足らずすき間ができてしまうことがあります。

壁紙を裏向きにし、裏紙の上3分の1程度を剥がします。壁紙の上側の両端をつまんで持ち、張り始めの箇所より2~3センチほどはみ出した状態で壁にあてます。壁紙が水平になっていることを確認してから壁に押しつけ、なでバケやタオルで壁紙の表面をなでて密着させます。上3分の1を張り終わったら裏紙をすべてはがし、壁紙の中心部分を上から下へなでるようにして張り付けていきます。貼り合わせたところから左右外側に向かって壁紙をなで、裏側の空気を逃がして密着させます。

角や隅の処理を行なう

角や隅の処理を行なう

全体に壁紙を張り終わったら、角や隅の処理を行ないます。まずは縁の角をしっかりと出すため、縁のラインに沿ってヘラなどで強く押さえ筋を出します。壁の隅は、角に沿って壁紙を折りたたむようにすると良いでしょう。

余った壁紙は、壁の縁にカット定規をあててカッターナイフでカットします。このとき、定規の下側にカッターナイフをあてると定規の厚みのぶんだけ短くなり縁と壁紙の間にすき間ができてしまうため、定規の上側にカッターナイフをあてて切るのがコツです。

同じ要領で壁紙を部屋全体に張る

同じ要領で壁紙を部屋全体に張る

同じ作業を繰り返し、壁紙を部屋全体に張っていきます。長さが足りない場合など同じ壁に2枚以上の壁紙を張るときは、すでに張ってある壁紙に重ねるようにして新たな壁紙を張っていきます。張り終わったら壁紙が重なった部分の中心に定規をあてて、重なった2枚を一緒にカットします。それぞれに切り取った壁紙を取り除いて、ぴったりと張り合わせれば完了です。