施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

タイルで化粧直し



タイルは汚れが落ちやすく清潔に保ちやすいことから、キッチンや洗面所など水まわりの壁によく利用されます。タイルを1枚ずつ貼っていく作業は根気がいりますが、特に難しい作業はないのでDIY初心者でも気軽にチャレンジできます。

防水性に優れたタイルは水まわりに最適

防水性に優れたタイルは水まわりに最適

防水性に優れ汚れが落ちやすい特性を持つタイルは、キッチンや洗面所、トイレなど清潔に保ちたい水まわりの設備に最適です。また、耐火性にも優れているというメリットもあります。壁面にタイル貼りを施すなら、単色のタイルのみでシンプルに仕上げても良いですし、カラフルなタイルや絵の描かれたタイルをポイント的に使用しても素敵です。様々なタイルを組み合わせて、オリジナルの壁面を考えるのも楽しそうです。

タイルを貼る際に用意する道具は、「タイルカッター」「目地押さえ」「くしべら」です。タイル以外の材料として、接着剤と目地材が必要となります。

下地の準備をする

下地の準備をする

まずはタイルを貼る壁面の汚れを落とします。浮いている壁紙があれば剥がしておき、へこみがあればパテなどで埋めてならします。タイルは、平らでなめらかな面でないと貼ることができません。そのため、砂壁のように凹凸がある壁面の場合は、石こうボードを取り付けて下地にします。砂壁に石こうボードを貼る際は、接着剤とネジの両方を使うことで安全性を高めます。はじめに石こうボードの裏面に接着剤をつけて壁に固定し、ドライバードリルを使ってネジで留めます。

タイルを貼る

タイルを貼る

タイルを貼り始める前に、水平線と垂直線を壁に何本か引いておきます。この線がタイルを貼り進めていく際のガイドとなります。ガイドがないとタイルを貼っていくうちに段々とずれていく原因になりますので、必ず線を引いておきましょう。

まずは縦と横それぞれに最初の一列を貼っていきます。くしべらを使って壁に接着剤を塗り広げ、目安線に沿ってタイルとタイルの間を3ミリ程度ずつ空けながら貼り進めましょう。端の余ったスペースには、タイルカッターでカットしたタイルを貼りつけます。

タイルカッターでタイルを切る

タイルカッターには、カッターナイフに似た小型のものと、ペンチのような形をした「喰い切り」と呼ばれるタイプ、大型で高価な「タイル切断機」があります。ここでは、低価格で簡単に手に入る小型のタイルカッターの使い方をご紹介します。

まずはタイルに定規などをあて、タイルカッターでタイルの表面に直線の傷をつけます。何度か繰り返して深めの傷ができたら、タイルを裏返してカナヅチなどで叩きます。このときに一気に力を加えてしまうと傷をつけたラインでキレイに割れないことがありますので、少しずつ力を加えるようにしましょう。

目地材などで仕上げて完成

目地材などで仕上げて完成

タイルを貼り終わったら、1日~2日ほど放置して接着剤を乾燥させます。接着剤が乾燥してタイルが固定されたら、タイルの間に目地材を入れていきます。浮いている目地はゴムべらや目地押さえで押し込み、はみ出した目地材は取り除きます。目地が固まったらタイルを貼った壁全体を乾いた布で拭き上げて完成です。