施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

畳の補修



畳を汚してしまったら、素早く正しい方法で対処することが大切です。また、月に1度は水拭きを行なうなど畳の水分量を保つよう努めることで、ささくれなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

トラブル時に畳の美しさを保つため正しい処置を

トラブル時に畳の美しさを保つため正しい処置を

畳に使われている「い草」には、空気浄化作用や吸湿・発散作用があり、その独特の香りにはリラックス効果があると言われています。フローリングと比べて汚れなどに弱いイメージのある畳ですが、正しい方法で処置を行ない美しい状態をキープしましょう。

シミ汚れを落とす

シミ汚れを落とす

筆記用具を落としたり食事をこぼしたりが原因で畳にシミ汚れが付いた場合は、素早く処置することで汚れを最小限に抑えることができます。正しく対処しないと逆にシミの原因となってしまうこともあるので、汚れの種類に応じて適切な方法でシミ抜きを行ないましょう。

水性インク

万年筆や水性ボールペンのインクが付着した場合は、汚れた箇所に少量の牛乳を垂らしてから拭き取ります。

クレヨン

歯ブラシや乾いた布にクリームクレンザーを少量つけて汚れをこすり、水拭きとから拭きで仕上げます。

油性ペン

マニキュアを落とすときに使用する除光液をティッシュなどに含ませて、汚れのついた部分を拭き取ります。

醤油

小麦粉やベビーパウダーなどをふりかけ、粉に水分を吸わせてから掃除機をかけます。最後に固く絞った布で拭き取ります。

タバコの焦げ跡を補修する

タバコの焦げ跡を補修する

タバコの焦げ跡を補修する方法は、焦げ跡の大きさによって変わってきます。大きな焦げ跡の処置方法は、大きく広がってしまったシミにも有効です。

小さなタバコの焦げ跡を補修する

小さな焦げ跡ができてしまったら、目の細かいサンドペーパー(240番前後)を用意し、焦げた部分をこすって削り取ります。畳目に沿って力を入れずにこするのがコツです。畳がささくれるのを防ぐため、焦げを削り取ったあとに、水で薄めた木工用の水性接着剤を少量塗っておくと安心です。

大きなタバコの焦げ跡を補修する

大きな焦げ跡や広い範囲のシミには、畳目の模様がプリントされたシールを貼って応急処置を行ないます。市販の畳シールの中から、補修する畳の色に近いものを選び、焦げ跡が隠れる大きさに切り取ります。両側をギザギザにカットすると、畳に貼ったときになじみやすくなります。

家具のへこみ跡を直す

家具のへこみ跡を直す

タンスやテーブルなど、重い家具を置いたままにしておくとそこだけ畳がへこんでしまいます。模様替えなどで家具を移動した際にへこんだ部分が悪目立ちしてしまう場合は、アイロンを使って修復を図りましょう。まずはへこんだ部分に固くしぼった布を置き、その上からアイロンをあてます。アイロンの熱で蒸らすことで畳に水分を与え、へこんだ部分を回復させます。そのあと自然に乾燥させて終了です。

日焼け跡を薄くする

日焼け跡を薄くする

畳は、日焼けすると徐々に黄ばみ始めます。黄ばんだ状態の畳を元の色に戻すのは難しいものの、10~20%程度の酢水で拭くことで、酢の漂白作用によって若干黄ばみが軽減します。そのままにしておくと傷みの原因となるので、畳を酢水で拭いたあとは、必ず水拭きとから拭きの両方を行ないましょう。