施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

窓に防犯フィルムを貼る



貼るだけでガラスの強度を高め空き巣被害の予防に役立つ防犯フィルムは、自身で施工することができます。

防犯フィルムで空き巣犯を抑止

防犯フィルムで空き巣犯を抑止

空き巣被害で一番多い手口は、窓ガラスを破っての侵入です。その防犯対策のひとつが「防犯フィルム」です。窓ガラスに防犯フィルムを貼ると、ガラスをたたき破ろうとしても簡単には割れません。空き巣を試みる犯人の多くは侵入までに5分以上がかかるとあきらめるといったデータもあり、犯人が侵入できるようになるまでの時間が長くなることは犯罪の抑止につながります。

防犯フィルムのその他のメリット

防犯フィルムのその他のメリット

防犯フィルムは窓ガラスが割れたときに飛散を抑える効果に長けているため、防災対策や、子どもが誤ってガラスにぶつかったときなど家庭内の事故対策としても有効です。ほとんどの防犯フィルムには紫外線をカットする効果が備わっており、毎日の有害な紫外線から身を守ってくれます。太陽光線に含まれる熱やまぶしさを抑えるので、夏の冷房機器の効率が高まり省エネにもつながります。

防犯フィルムの種類

防犯フィルムの種類

防犯フィルムには板ガラス用だけでなく磨りガラスなど凹凸のあるガラス用の商品もありますので、貼る場所に応じたものを買い求めましょう。防犯フィルムには様々な厚みの商品が用意されており、一般的に厚みが増すほど防犯効果は高くなりますが、そのぶん施工が難しくなります。とはいえあまり薄いフィルムではすぐに破られてしまいますので、国内基準のひとつである「防犯性の高い建物部品認定制度(CP)」の認定マークが付いている防犯フィルムを選ぶと良いでしょう。

防犯フィルムの施行方法

防犯フィルムの施行方法

防犯フィルムを施行する際に必要な道具は、「霧吹き」「スキージー(ゴム製のヘラ)」です。メジャーとカッターナイフ、カット定規も用意しておきましょう。

ガラス洗浄

防犯フィルムをキレイに貼るには、ガラスの洗浄がとても大切です。まずは中性洗剤を200~500倍程度に薄めたものをガラスに吹き付け、スキージー(ゴム製のヘラ)で汚れを取り除きます。200ccの水に中性洗剤を2、3滴が目安です。できれば洗浄の作業を複数回繰り返し、徹底的に汚れを落として下さい。ガラス洗浄が十分でないと防犯フィルムとガラスの密着度が弱くなり、防犯性も低下してしまいます。

防犯フィルムの貼り付け

まず貼り付ける箇所のガラスサイズをメジャーで正確に測定し、そのサイズから縦横それぞれマイナス4ミリの長さでフィルムをカットします。カットしたら一度窓にあてて大きさを確認しましょう。

ガラス面に、洗浄でも使用した中性洗剤の水溶液をたっぷりとスプレーします。指紋がつかないよう指先を水で濡らしてからフィルムの裏面の保護シールをはがし、フィルムの接着面にも水溶液を吹きかけます。次にフィルムの接着面をガラスにあてて貼っていきますが、このとき、強く押しつけずフィルムが水に浮いているような状態にするのがコツです。フィルムを動かして場所を固定し、スキージーで中央から外側に水を押し出して密着させます。