施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

サムターンカバーを付ける



近年急上昇している「サムターン回し」を防ぐには、自宅の玄関ドアのカギにサムターンカバーを取り付ける方法が効果的です。

ピッキングに代わり件数が増加しているサムターン回し

ピッキングに代わり件数が増加しているサムターン回し

空き巣被害において、以前まではカギを使わずに専用の器具を使用してカギをあける「ピッキング」での侵入が大多数を占めていましたが、2000年以降は減少傾向となっています。その理由のひとつとして、従来のシリンダー錠にピッキング対策を施したディンプルキーをはじめとするカギそのものの性能が向上し、ピッキング行為を行なうのが難しくなったことが挙げられます。

その一方で、侵入の手口として増えているのが「サムターン回し」です。これは、ピッキングのようにカギを壊してあけるのではなく、ドアのすき間やドアに設置されている郵便受け、のぞき穴などから器具を差し込み、ドアの内側にある施錠部分(サムターン)を回転させて解錠する方法です。家を出ていく際に「逆サムターン回し」で施錠する場合もあり、それにより侵入に気づかないケースも少なくありません。

サムターン回しを防ぐ「サムターンカバー」

サムターン回しを防ぐ「サムターンカバー」

サムターン回しによる犯罪の増加を受け、近年はサムターン回しを防ぐ防犯グッズが数多く登場しています。その中で最も一般的なのが「サムターンカバー」です。その名の通り、サムターンと呼ばれるドアの内側にある施錠部分を覆うことで、侵入者が解錠するのを防ぎます。カギのタイプやメーカーにより、サイズが合わないことがありますので、購入する前に確認しておきましょう。

サムターン部分を保護する一般的なタイプ

サムターンの周りを保護する一般的なタイプのサムターンカバーです。プラスチックやアクリルでできており、両面テープで貼り付けるものなら簡単に取り付けることができます。価格が安く、数百円で購入できます。

キャップを取り外しするタイプ

キャップを取り外しすることで、カギを空転状態と通常モードに切り替えることのできるタイプです。外出時にはキャップを外すことで空転状態にしておき、在室時にはキャップを取り付けて通常のカギと同じように使用します。

カギが付いているタイプ

サムターンカバーにカギが付いているタイプです。カギの位置により在室時と外出時の仕様を変えることができ、外出時にはサムターンが空転する設定にしておくことでサムターン回しによる侵入を防ぎます。

押し回して操作するタイプ

押しながらでないとサムターンが回らないタイプです。ふたつの動作が必要になるため、サムターン回しで解錠するのは困難です。

その他のサムターン回し防止アイテム

その他のサムターン回し防止アイテム

サムターンカバー意外にも、サムターン回しを防止するアイテムがあります。多くの防止策を組み合わせるほど、防犯性を高めることができます。

郵便受けカバー

ドアに付いている郵便受けから器具を差し込んでサムターン回しをするケースはあとを断ちません。もし郵便受けを使用していないなら、カバーでふさいでしまうのも防止策のひとつです。

ガードプレート

ドアの隙間から器具を差し込むことができないよう、ドアの側面にプレートを取り付ける方法です。ネジ止めだけで簡単に取り付けることができます。

空転式ドアスコープ

実はほとんどのドアスコープ(のぞき穴)は外側から取り外せる仕組みになっており、そこから器具を差し込むのはサムターン回しの常套手段でもあります。空転式のドアスコープに交換して、不審者の侵入を防ぎましょう。