施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ホームセンターでそろう防災グッズ



ホームセンターには、避難生活に備えた非常食、生活用品、防寒具、救急セットや災害対策グッズ、安全に避難するためのものなど、様々な用途の防災グッズが販売されています。非常時のことを考えるとどれも必要なように思えますが、火事・地震・洪水・津波など、災害避難時に重い荷物を抱えていては危険です。何が必要かを考えて各自に合った防災セットを準備しておくと良いでしょう。

防災グッズの種類

防災グッズの種類

防災グッズは、災害が起きる前に使うもの、避難する際に使うもの、避難生活で使うものの3つに分けられます。

災害が起きる前に使うもの

事前に対策を行なうことで災害時の被害を抑える防災グッズで、家具の転倒防止具、火災報知機、ガラスシートなどが挙げられます。

避難する際に使うもの

実際に災害が発生したときは、安全に避難するためにマスク、懐中電灯、靴、ヘルメット・防災頭巾などが役立ちます。ヘルメットの代用品として、野球帽の中に入れるプラスチック製のインナーキャップを利用することもできます。地震などで避難経路に物が散乱している場合は、工事現場などで使われる鉄板入りの靴や長靴を履くとより安全です。外出先での災害に備えて、普段からマスクや小さな懐中電灯を鞄に入れておくなど防災の意識を持つことが重要です。

避難生活で使うもの

避難生活で必要なものは、食料や日用品など多岐にわたります。防災グッズはひとつの非常用持ち出し袋にまとめておくのが理想ですが、あれもこれもと詰め込み過ぎると避難時に持ち出すのが困難です。優先順位を整理して、荷物を必要最小限に留めましょう。

防災セットを自分用にカスタマイズ

防災セットを自分用にカスタマイズ

ホームセンターの中には、被災者の声をもとに作られた防災セットを取り扱っている店舗もあります。また、携帯電話充電機能と懐中電灯付きの携帯ラジオが一緒になった多機能製品など、コンパクトで軽量な最新の防災グッズを上手に活用するのも良いでしょう。眼鏡やコンタクトレンズ、普段から服用している薬、処方箋など生活に欠かせないものはいつでも持ち出せるようにしておきましょう。非常食や飲料水はつい大量に持って行きがちですが、消防庁が推奨している量は3日分です。移動中も両手が使えるよう、大きめのリュックサックにまとめておくと便利です。

防災セットリスト

防災セットリスト

防災セットの重量は男性であれば10~15kg、女性の場合は8~10kgが良いとされています。災害時の混乱の中でも素早く避難するために、体力と必要性を考えながら下記のリストを参考に防災セットを準備しておきましょう。

飲料水
3日分(1日2リットル)を人数分
非常食
缶詰やお菓子など調理の必要のないもの
医薬品
服用している薬と処方箋、マスク、冷却シート、救急セット
衣類
携帯用下着、レインコート、帽子
防寒具
アルミ保温シート、カイロ
照明器具
多機能ラジオ懐中電灯、防水ヘッドライト、ローソク、ライター
洗面用具
タオル、歯ブラシ
筆記用具
油性ペン、鉛筆
貴重品
現金、保険証、預金通帳、鍵、印鑑、小銭(特に10円玉)

あると便利な防災グッズ

あると便利な防災グッズ
  • 革手袋、軍手
  • 綿ロープ、荷造りひも
  • 携帯用スリッパ
  • サランラップ
  • 踏み抜き防止インソール
  • 耳栓、アイマスク
  • 乾電池、ソーラーパネル式充電器
  • アーミーナイフ
  • ホイッスル
  • ポリ袋