施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ガーデニングの植物の選び方[夏]



夏になると草木の緑が深みを増していき、特に初夏は、春にも劣らないほど多くの花が育つ季節です。しかし、高温多湿の真夏を迎える梅雨以降は、植物それぞれの栽培特性を知り、個々に合わせた暑さ対策が必要となります。

夏の代表的な花は、ユリ、ダリア、インパチエンス、ペチュニアなどで、くっきりと濃い色のものが多いのが特徴です。水やりを忘れず、日差しによる気温の上昇と土の乾燥には十分注意しましょう。

夏のガーデンプランの考え方

夏のガーデンプランの考え方

夏は、強い太陽の光を受けた植物が旺盛に育つ季節です。鉢やプランターで育てる場合は、生長後のボリュームを念頭に置き、密植は控えたほうが良いでしょう。また、暑い夏をいかに涼しげに見せるかも、夏のガーデニングのポイントです。トロピカルな印象を与える植物を選んだり半日陰の場所でシダを植えたりすると、爽やかな印象を与えます。

夏のガーデンの花の組み合わせ方

夏のガーデンの花の組み合わせ方

乾燥にも強く育てやすいペチュニアの赤やピンクをベースに、紫色のダリアを組み合わせると夏らしさを演出できます。また、花の形や色の異なるダリアばかりで構成したガーデニングも見応えがありおすすめです。

ガーデンを涼しげに見せたいなら、葉に特徴のあるシダなどの植物を合わせると良いでしょう。白と緑の葉脈がきれいなカラジウムと、斑入りのギボウシを植えるとその辺りが一気に南国調となり、涼しげな雰囲気になります。

強い日差しを防ぐことを目的とするなら、ゴーヤやアサガオなどツル性の植物をネットに絡ませて、日除けとして活用するのもおすすめです。

夏に開花する花

夏に開花する花

夏の時期は強い日差しにより水分の蒸発が多くなるので、こまめに水やりを行なうことが重要です。初心者は暑さに強い草花を選ぶと良いでしょう。初夏から真夏、真夏から晩夏までなど、期間によって開花する花の種類は異なります。

ユリ(開花時期:6~7月)

ユリ(開花時期:6~7月)

日当たりを好むので、半日影もしくは午前中は日が当たるような場所に植えると良いでしょう。毎日水をたっぷり与えることを忘れずに。

ゼラニウム(開花時期:3~11月)

ゼラニウム(開花時期:3~11月)

真夏と真冬以外は花を咲かせる多年草です。過剰な湿度に弱いので、雨の当たらないベランダや玄関先などが最適です。

ペチュニア(開花時期:4~11月)

ペチュニア(開花時期:4~11月)

暑さや乾燥に強く、育てやすい花です。赤、ピンク、白、黄、青、紫などの色があります。

インパチエンス(開花時期:5~11月)

インパチエンス(開花時期:5~11月)

夏の強い日差しの下でも半日陰でも育つ強い花です。赤、ピンク、オレンジ、白などの色があり、初夏から秋にかけて咲き続けます。

サルビア(開花時期:5~11月)

サルビア(開花時期:5~11月)

燃えるような赤い花びらが特徴です。あまり知られていませんが、白やピンク、青の色もあります。

センニチコウ(開花時期:7~11月)

センニチコウ(開花時期:7~11月)

暑い中でも丈夫に育ちます。センニチの名の通り花が咲く期間が長く、育てやすい花です。ドライフラワーとしても楽しめます。

アメリカンブルー(開花時期:6~10月)

アメリカンブルー(開花時期:6~10月)

這うように延びる茎が特徴です。日当たりの良い場所を好み、夏の暑さにも強い花です。

コリウス(開花時期:6~10月)

コリウス(開花時期:6~10月)

小さい苗のときから徐々に強い日差しに慣れさせていくと丈夫に育ち、葉の色も美しくなります。真夏の時期はできるだけ風通しの良い場所が適しています。