施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ホームセンターで買える
ガーデニングの肥料の選び方



植物を丈夫に美しく育てるためには、肥料は欠かせないアイテムです。肥料を与えるタイミングは、育てる季節や品種、植物の生育期と休眠期により異なりますので事前に確認しておきましょう。

草花の場合には、生長する初期段階で肥料を与えると良いでしょう。庭木などは、根がしっかりとしていれば肥料はほとんど必要となりません。肥料を多く与えすぎると栄養が行き渡りすぎてしまい花や葉の剪定の手間を増やすことにもつながりますので、適度な量を与えるよう心掛けましょう。肥料は毒性を持つものもあるので取り扱いには十分に注意し、成分の種類や働きなどを理解したうえで使い分けることが大切です。

主な肥料の種類

主な肥料の種類

肥料は、必要なものから順に「多量要素」「中量要素」「微量要素」に分けられます。それぞれの特性を知って、賢く使い分けましょう。

多量要素

多量要素

肥料の三大要素と呼ばれている「チッ素」「リン酸」「カリ」が主な成分です。それぞれ植物が生長するために必要な要素であり、人間にとっての「たんぱく質」「炭水化物」「脂肪」と表現されることもあるほどに、植物の生長には欠かせない成分です。3要素のうちひとつしか含まないものは「単肥」といい、肥料の成分表には、チッ素を「N」、リン酸を「P」、カリを「K」と表示されることが多いようです。

チッ素(N)

葉や茎などの生育を助け、葉の色を濃くする働きがあるので、「葉肥」とも呼ばれています。タンパク質、アミノ酸などに含まれる植物の重要元素で、アンモニウム塩類、尿素、石灰窒素、またグアニル尿素などの緩効性化成肥料などが挙げられます。観葉植物などの生育に向いています。

リン酸(P)

開花や実を作ることを助けるので、「実肥」と呼ばれることもあります。市販されている肥料としては、核酸やリン脂質、有機質肥料の米ぬか、骨粉なども挙げられます。花や実を結ぶ植物に向いています。

カリ(K)

根や茎を強くする働きから「根肥」とも呼ばれ、病害虫を防ぐ効果もあります。硫酸カリや草木灰といった肥料があり、根菜類、球根類に向いています。

中量要素、微量要素

中量要素、微量要素

多量要素ほど重要な成分ではないものの、不足すると葉の色が変化したり生育の悪化の要因となったりします。細胞を強くし、根の生育や果樹の成熟を助ける働きがあります。人間にとってのビタミン類に例えられることもあります。

中量要素の主な成分

カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)、硫黄(S)

微量要素の主な成分

鉄(Fe)、マンガン(Mn)、ホウ素(B)、亜鉛(Zn)、モリブデン(Mo)、銅(Cu)、塩素(Cl)

施肥の種類

施肥の種類

肥料の効果をしっかりと得るためには、即効性を求めるときは液体肥料、穏やかな効果を求めるときは固形肥料といった具合に、植物の状態に合わせて使い分けることが大切です。濃すぎたり多すぎたりすると植物にとって負担となりますので、希釈濃度や使用量はしっかり守りましょう。

元肥

植つけ時の初期生長に必要となる、土に施す肥料です。液体肥料を使用すると肥料やけを起こす心配があるので、緩効性化成肥料を使うと良いでしょう。

追肥

生育時に、生長に応じて施す肥料です。タイミングにより、速効性のある液体肥料と緩効性の固形肥料を使い分けましょう。

内寒肥

春からの芽吹きに備えて、草花や庭木の生長が休止している冬期(1月頃)に行なう施肥です。

お礼肥え

骨粉や鶏ふんなどの有機肥料または緩効性化成肥料を、花木や果樹などに施します。これを行なうことで、翌年の花つきや実つきが良くなります。