施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ガーデニングでの病害虫の予防



植物の大敵のひとつが病害虫です。発生してしまうとどんどん被害が広がってしまうので、病害虫が発生しやすい夏が始まる前には、薬剤の予防散布を必ず行なってください。病害虫の対策としては、早期発見・早期防除が一番効果的です。植物の様子を常に観察して、病気の兆候を発見したらすぐに殺菌を行ないましょう。病気の葉に触れた手で他の植物に触れると病気が感染する可能性がありますので注意して下さい。

早期発見・早期防除

早期発見・早期防除

予防散布を行なっていても、病害虫が発生する場合もあります。植物をチェックする際は、葉の表面だけではなく裏面もしっかりと観察してください。常日頃から観察することにより、いち早く異変に気づくことができます。病害虫が発生してしまったら、各症状に合わせた薬剤で早めに対処することが重要です。

病害虫を防ぐために気をつけたいこと

病害虫を防ぐために気をつけたいこと

ガーデニングで病害虫が発生すると庭全体が被害を受ける場合もありますので、病害虫を防ぐ庭づくりを心がけましょう。

枝や茎、葉が茂りすぎると、先に枯れ始めた部分に病害虫が発生しやすくなりますので、植物と植物の間は適度なスペースを確保して下さい。過湿と乾燥、どちらの場合も害虫の発生が多く見られますので、適度な湿度を保つように気をつけましょう。風通しの良い場所で、適度な日差しを浴びせながら蒸れを防ぐことが大切です。

代表的な病気、害虫

代表的な病気、害虫

植物によく見られる病気や害虫についてご紹介します。それぞれの特性を知り、早期発見に役立てて下さい。

うどんこ病

うどんこ病

多くの植物に見られる病気です。風によって運ばれた胞子が葉や枝などに付着することで発生します。葉に白いカビができ、小麦粉が付着したような見た目が特徴です。

灰色かび病

灰色かび病

ほとんどすべての植物で発生し、低温かつ湿度が高い場所で見られる病気です。花や果実への被害が多く、つぼみや花びら、果樹などに灰色のシミが現れます。シミが茶色になると腐ってしまいます。

予防策としては、水のやりすぎに注意し、風通しの良い場所で栽培することです。枯れた部分にも菌が残るので、殺菌剤を10日おき程度に散布しましょう。

斑点病

斑点病

褐色の斑点があらわれ、悪化すると葉が落ちてしまいます。発病した葉や落葉はすぐに取り除いてください。梅雨や秋雨など、雨量の多い時期に発生しやすい病気で、排水不良や湿った土壌、風通しが悪い場所で栽培している場合にも多く見られます。排水性の良い場所で栽培することを心がけ、毎シーズン発病するようならば、こまめに薬剤散布を行ないましょう。

アブラムシ

アブラムシ

新芽、茎、葉によく見られる虫で、植物の汁を吸収して生長を邪魔します。排泄物が別の病気の原因になる場合がありますので、発見したらすぐに取り除いて下さい。

チャドクガ

チャドクガ

ツバキなどの葉だけを食べる害虫です。成虫、幼虫ともに、毛に触れると皮膚が赤く腫れてしまいますので注意しましょう。

ハダニ

ハダニ

葉の裏に寄生して汁を吸う害虫で、葉の色が悪くなる要因のひとつです。体の表側に白い斑点が見られます。殺虫剤の他、葉の裏から水を強く吹きかけても効果があります。