施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ホームセンターで役立つ資格
「インテリアコーディネーター」



住まいのスペシャリストとして、住宅に関するあらゆる提案やアドバイスを行なうインテリアコーディネーターは、活躍の場が幅広く女性に人気の資格です。

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとは、公益社団法人インテリア産業協会が実施する資格です。快適な住空間を創造する「住まいのスペシャリスト」として、インテリアや住宅に関する幅広い知識と専門技術を駆使し住空間のトータルプロデュースを行ないます。

インテリアコーディネーターの資格が求められる場は、住宅メーカーをはじめ、建設会社やデパート、設計事務所、デザイン業界、ホームセンターなど多岐にわたります。近年のリフォーム需要の拡大を受け有資格者のニーズはますます高まっており、インテリア業界への就・転職の際に役立つ資格としても注目を集めています。インテリアコーディネーターの資格取得者は女性が多く、出産や子育てが終わってからの職場復帰の際や再就職を目指すときに有利となることも多いようです。

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターの仕事

お客様からの「どんな風に暮らしたい」「こんな雰囲気が好み」といった要望をもとに、アイデアやセンスを活かして新しい空間を創り出すのがインテリアコーディネーターの仕事です。ここでは、インテリアコーディネーターの仕事の一例をご紹介します。

ヒアリング、コンサルティング

お客様から、家族構成や理想とする住宅のかたち、暮らし方やインテリアに関する希望、予算などを聞き、専門家の立場からアドバイスします。

プランニング

お客様の要望に沿って、家全体の雰囲気やレイアウトを決めていきます。床や壁、天井などの内装材、照明、家具について、目指すテイストやテーマカラーなど具体的なイメージを固めます。

商品セレクト

最終的なイメージに沿って、内装材・照明・家具などを一つひとつ選択します。

プレゼンテーション

図面や立体模型などイメージをわかりやすくビジュアル化して、練り上げたプランをお客様に提案します。

商品の発注、納品

商品を確認してショップやメーカーに発注し、照明や家具、カーテンなどをセッティングし、最終チェックを行なって納品となります。

公益社団法人インテリア産業協会について

公益社団法人インテリア産業協会について

公益社団法人インテリア産業協会は、住空間におけるインテリアの普及促進を目的として1983年(昭和58年)に設立されたインテリア産業界で唯一の横断的組織です。住宅に関連する他団体との連携による総合展示活動や、全国の支部を通じての地域インテリア関連活動など、インテリアの普及促進に向けた多面的な事業活動を広く展開しています。

ここでご紹介したインテリアコーディネーターの他、キッチン空間に特化して提案・アドバイスを行なう「キッチンスペシャリスト」の資格認定も行なっています。

インテリアコーディネーター試験概要

インテリアコーディネーター試験概要

インテリアコーディネーターの試験は毎年1回行なわれます。1次・2次試験に合格後、登録申請(有料)を行なうとインテリアコーディネーターとして登録されます。資格は5年ごとに更新する必要があり、その際は更新研修の受講と登録更新手続きを行ないます。

受験資格

なし

試験日

1次:10月

2次:12月

合格発表

1次:11月上旬

2次:翌年2月中旬

受験申込期間

7月下旬~8月下旬

試験会場

札幌、盛岡、仙台、高崎、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡、宮崎、沖縄

受験料

基本タイプ:14,000円

*その他に1次試験の受験のみを希望する「先取りタイプ」や1次試験合格者で2次試験のみの受験を希望する「専攻タイプ」があります。

試験科目

1次(学科試験)

  1. インテリア商品と販売の基礎知識(100分)
  2. インテリア計画と技術の基礎知識(100分)

※1次試験に合格し、2次試験で不合格になった場合、次年度から3年間は1次試験を免除されます。

※1次試験の2科目のうち1科目を合格した場合は、次年度から3年間は合格科目が免除されます。

2次(実技)

  1. 論文試験
  2. プレゼンテーション試験