施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ホームセンターで役立つ資格
「電気工事士」



電気工事の現場に欠かせない電気工事士は各方面においてニーズが高く、安定した収入が期待できる資格です。実務経験を積み、将来の独立開業を目指す人もいます。

電気工事士とは

電気工事士とは

電気工事士とは、電気工事に関する専門的な知識と技能を持つものに与えられる国家資格です。ビルや工場、商店、一般住宅において電気工事を行なう際は、電気設備の安全を守るため、電気工事に関連する有資格者でなければ電気工事を行なってはならないと法令で定められています。電気工事士はそれが認められる資格のひとつであり、電気工事を行える範囲によって「第一種電気工事士」「第二種電気工事士」に分けられます。

第一種電気工事士と第二種電気工事士の違い

第一種電気工事士と第二種電気工事士の違いは、工事を行える範囲です。また、電気工事士は試験に合格したあとに各都道府県の担当部署へ免状を申請する必要がありますが、その条件が異なります。

電気工事を行える範囲

第二種電気工事士:一般住宅や小規模店舗など、600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。

第一種電気工事士:第二種の範囲に加え、最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます。

免状を申請する条件

第二種電気工事士:なし。試験に合格すればすぐに免状を申請することができます。

第一種電気工事士:試験合格後、3年もしくは5年の実務経験が必要。実務経験が規定の年数に達したのちに、免状を申請することができます。

*大学や高専において電気工事士法で定められている課程を修めて卒業した人は3年、それ以外の場合は5年となります。

電気工事士試験概要

電気工事士試験概要

電気工事士の試験は、第二種は毎年2回、第一種は毎年1回行なわれます。

第二種電気工事士

第二種電気工事士

受験資格

なし

試験日

上期試験

筆記試験:6月上旬

技能試験:7月下旬

下期試験

筆記試験:10月上旬

技能試験:12月上旬

受験申込期間

3月上旬~4月上旬

試験会場

全国各地

受験料

9,600円

※インターネットからの申込みは9,300円

試験科目

筆記試験

  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論、及び配線設計
  3. 電気機器、配線器具、並びに電気工事用の材料及び工具
  4. 電気工事の施工方法
  5. 一般用電気工作物の検査方法
  6. 配線図
  7. 一般用電気工作物の保安に関する法令

技能試験

下記の全部または一部について行なわれます。

  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器、及び配線器具の設置
  4. 電気機器、配線器具、並びに電気工事用の材料、及び工具の使用方法
  5. コード、及びキャブタイヤケーブルの取付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力、及び電気抵抗の測定
  8. 自家用電気工作物の検査
  9. 自家用電気工作物の操作、及び故障箇所の修理

第一種電気工事士

第一種電気工事士

受験資格

なし

試験日

筆記試験:10月上旬

技能試験:12月上旬

受験申込期間

7月上旬~7月下旬

試験会場

全国各地

受験料

11,300円

※インターネットからの申込みは10,300円

試験科目

筆記試験

  1. 電気に関する基礎理論
  2. 配電理論、及び配線設計
  3. 電気機器、配線器具、並びに電気工事用の材料、及び工具
  4. 電気工事の施工方法
  5. 一般用電気工作物の検査方法
  6. 配線図
  7. 一般用電気工作物の保安に関する法令

技能試験

下記の全部、または一部について行なわれます。

  1. 電線の接続
  2. 配線工事
  3. 電気機器、及び配線器具の設置
  4. 電気機器、配線器具、並びに電気工事用の材料、及び工具の使用方法
  5. コード、及びキャブタイヤケーブルの取付け
  6. 接地工事
  7. 電流、電圧、電力、及び電気抵抗の測定
  8. 一般用電気工作物の検査
  9. 一般用電気工作物の故障箇所の修理