施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ホームセンターで出会えるペット



ホームセンターでは以前からペットフードや飼育用品を取り扱っていましたが、最近ではペットショップや熱帯魚コーナーなどを設けるホームセンターが増えており、様々な種類の生き物に巡り会うことができます。

生き物を取り扱うホームセンターの増加

生き物を取り扱うホームセンターの増加

ペット市場の拡大に伴って、ペットコーナーを設置したりペットショップを誘致したりするホームセンターが増えています。専門店から派遣された販売員が常駐しているので購入前にはきちんとした説明を受けられますし、大手ホームセンターであれば購入後にトラブルが起こった際も安心です。ペットショップが設置されているホームセンターではペット同伴で入店できる店舗も多く、ペットと一緒に買い物を楽しめるようになっています。

ホームセンターで出会えるペットの種類

ホームセンターで出会えるペットの種類

ホームセンターで取り扱っている生き物といえば、以前までは金魚やメダカ、ミドリガメ、ザリガニ、カブトムシやクワガタ、イモリなどが一般的でした。しかし、ペット市場が拡大するにつれてイヌやネコ、鳥類を扱うペットショップがホームセンターに登場し、そういった店舗では様々な種類の生き物に出会うことができます。

人気の高いイヌやネコは、多くの品種をそろえており、実際に触ったり遊んだりできるスペースを用意しているショップもあります。

熱帯魚を取り扱っているショップでは、グッピーやネオンテトラなどの小型の魚からアロワナやオスカーなど大型の熱帯魚まで多くの種類を見ることができます。また、ハムスター、チンチラ、フェレットなどの小動物、珍しい種類のカエル、派手な色をした小さなヘビやトカゲ、海外原産のカブトムシやクワガタ、様々な種類のインコや猛禽類など、珍しい生き物が見られるショップもあります。

気軽に立ち寄れるホームセンター内のペットショップは、いつかペットを飼いたいと思っている人にとって情報収集の場としても人気です。

拡大するペット市場

拡大するペット市場

2010年(平成22年)の全国犬・猫飼育実態調査によれば、日本全体でのイヌとネコの飼育頭数の合計は、約2,100万頭(犬:約1,100万頭、猫:約1,000万頭)となっています。ペットを飼っていない人を対象にしたアンケートでは、今後ペットを飼いたいと思っている人の数は、現在ペットを飼っている人の約2倍となるなど、今後も市場の拡大が予想されます。

動物の小型化や室内飼育化によりペットを飼いやすくなった一方で、ペットの長寿や肥満などを受けて、新しいペットビジネスも生まれています。ペット市場は世界的に成長傾向にあり、日本においてもペットに費やす支出額は年々増加しています。

ホームセンターはペット用品の購入にも便利

ホームセンターはペット用品の購入にも便利

インターネットによるアンケート調査によると、ペットフードや飼育用品は、インターネットショップやホームセンターで購入すると回答する人の割合は半数以上にのぼります。ホームセンターが人気の理由としては、ペットフードをはじめとするペット用品の品ぞろえが豊富で、安価に購入できることが挙げられます。