施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

ネコの飼い方



独立心が強く賢いネコは、初心者でも飼いやすい動物です。近年は、ペット飼育が可能なマンションなどでネコを飼う人も増えています。

ネコの選び方

ネコの選び方

一般的にスコティッシュ・フォールドやノルウェージャン・フォレスト・キャットなどの長毛種はおっとりとした性格で、アメリカン・ショートヘアやロシアン・ブルーなどの短毛種は活発であるといわれています。

室内でネコを飼う

室内でネコを飼う

動物医学の進歩と室内飼いの増加によってネコの平均寿命は伸びており、しっかりとした健康管理を行なえば15~20歳まで生きることができます。活動範囲は制限されますが、交通事故や感染症、失踪などの心配が少ない室内飼育をおすすめします。

準備

準備

賃貸物件の場合は、必ずペット可能物件を選びましょう。ニオイやマーキングの汚れは、退去時にトラブルとなる場合があります。

ペットショップには様々なアイテムが並んでいますが、必要なものを少しずつ買い足していくと良いでしょう。

ネコを飼う前に用意しておきたいアイテム

  • エサ皿、水入れ:底の浅いものを1つずつ。
  • キャリーバッグ:病院に行く際に使用します。
  • トイレ:砂を入れる深さのあるもの。
  • 首輪:迷子札付きのもの。
  • 爪とぎ:気に入った爪とぎがあれば家具や壁を傷つけられにくくなります。
  • カゴ:寝床になるのでクッションやタオルを敷いてあげましょう。
  • 猫の草:専用の草を肥料なしで育てます。

飼い方

飼い方

スキンシップや遊びの時間は信頼関係を築く上で欠かせませんが、触られるのを好まない性格のネコもいるので、嫌がる時はそっとしておきましょう。

空間づくり

空間づくり

ネコは、自由に走れる平面と高低差のある空間を好みます。昼は日の当たる場所で、夜は寝床で、1日の約8割を寝て過ごすネコのためにも、用意したカゴにお気に入りのクッションやタオルを入れて快適な寝床をつくりましょう。クッションやタオルはこまめに洗濯すればニオイも気になりません。寝る場所は気温や湿度に応じて変わるので、それに合わせて寝床も移動させます。

エサ

エサ

キャットフードは栄養のバランスが良く、フンの臭いも抑えられます。老猫など、ドライタイプのキャットフードを食べられないネコには缶詰やレトルトパックに入ったウェットタイプを与えます。草を食べた直後に嘔吐することがありますが、身体を舐めた際に胃に入った毛玉を吐き出すためなので心配ありません。

チョコレートやブドウ、アボカドは中毒症状が出るので絶対に与えないで下さい。ネコは魚好きであるイメージが強くありますが、魚介類でも種類によっては胃や肝臓に負担がかかり、最悪の場合死に至る場合があるのでキャットフード以外の食べ物は与えないほうが無難です。

病気・予防

病気・予防

ネコは生後6ヵ月で繁殖行為が可能となるので、去勢・避妊手術をするのであればこの時期に行ないましょう。必ず3種、または5種混合ワクチンを接種して下さい。

せき、くしゃみ、下痢、おう吐、涙、鼻水、呼吸の乱れ、抜け毛、歩き方の異常、お腹の張りなどの症状が1日以上続いたら病院に連れて行くようにして下さい。生活習慣病をはじめ、カラダの異常の早期発見のためにも年に1回以上は健康診断を受けることをおすすめします。