施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

爬虫類の飼い方



カメやヘビ、トカゲなどの種類がいる爬虫類は、鳴かないペットとして人気です。古くからペットの定番となっている「クサガメ」や、大人しい性格のニシキヘビ「ボールパイソン」などは、初心者にも飼いやすい動物です。

カメの飼い方

カメの飼い方

カメの中でも、小型で飼いやすい「クサガメ」についてご紹介します。クサガメは日本の池や川に生息するカメで、ゼニガメと呼ばれることもあります。北米原産のミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)と並び、ペットショップで目にする機会の多いカメです。

飼育に必要な器具

クサガメは生長すると全長25~30センチになります。寿命は平均で30~40年です。

飼育に必要な器具
水槽
大きさに余裕のあるもの。
陸場
日光浴の場所になります。
ろ過装置
毎日水換えをしてエアポンプを入れるのであれば不要です。
ヒーター
冬場は水温が下がると冬眠してしまいます。
砂利
熱帯魚用の砂利。

クサガメの飼い方

カメは体内でビタミンD3を合成するために日光浴が必要となりますので、午前中に3~4時間程度日光浴の時間を設けましょう。カメなどの爬虫類はサルモネラ菌を持っていることがあるため、触った後は石鹸で手を洗って下さい。冬眠中に死亡する危険があるので、ヒーターを入れて越冬させることをおすすめします。

エサは、栄養バランスが良く水槽の汚れも少ない配合飼料を与えます。冷凍アカムシや刺身なども食べますが、消化不良を起こす場合があるので月に1回程度にしておくのが良いでしょう。

ヘビの飼い方

ヘビの飼い方

ここでは、夜行性のニシキヘビの仲間である「ボールパイソンは」の飼育方法をご紹介します。おとなしい性格で、ニシキヘビの入門種として人気です。

飼育に必要な器具

飼育に必要な器具

飼育の適温は26~29度です。成長後の全長は1~2メールで寿命は約20年です。

ケージ
通気性のあるフタ付きのアクリル製の水槽か木箱が良いでしょう。
UV照明
紫外線は食欲・脱皮・骨格形成を助けます。
ヒーター
ケージ全体を適温に保ちます。
サーモスタット
ヒーターを調節して温度を一定に保ってくれます。
保温照明
ケージの一部を日光浴の場所にします。
床材
ツルツルした面は進みにくく、保温効果も期待出来ます。
シェルター
日光浴以外の時間を過ごす寝床になります。
エサ皿
容器に落ちて出られないような深い皿は避けましょう。
止まり木
鳥の止まり木か流木で良いでしょう。
水入れ
全身が浸かれるサイズが必要です。

ボールパイソンの飼い方

ヘビは暗がりを好みますので、静かな場所にケージを置き、木やシェルターで休める場所を確保します。湿度が40%以下になるとうまく脱皮できなくなるので、冬の時期は乾燥に気を付けましょう。わずかな隙間からでも脱走するため、フタはきちんとしめ、ケージに割れなどがないかを定期的に確認して下さい。

小さいうちは冷凍ホッパーと呼ばれる小さなマウス、成体には冷凍ラットを週1回与えます。日光浴が足りないとビタミン不足になり、脱皮や骨格形成に支障をきたします。ダニや寄生虫が発生しないよう、ケージは清潔に保ちましょう。