施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

カブトムシ、クワガタムシの飼い方



昔も今も子どもから人気のカブトムシとクワガタは、上手に飼育すれば、産卵、越冬させることも可能です。

カブトムシ・クワガタムシの成虫の飼育

カブトムシ・クワガタムシの成虫の飼育

ホームセンターやペットショップでは、夏が近づくとカブトムシやクワガタムシの成虫が販売されています。幼虫から飼育して成虫にまで育てるのは大変ですが、成虫の飼育は比較的簡単です。

飼育の準備

飼育の準備

まずは飼育に必要な器具をそろえます。ペットショップやホームセンターにはカブトムシとクワガタのどちらにも使用できる飼育セットが販売されているので、それらを利用しても良いでしょう。拾ってきた朽木は、消毒をしてから使用します。

飼育ケース
フタ付きの大きめのケース。
昆虫マット
昆虫用か広葉樹の腐葉土がおすすめです。
朽木
転倒、エサによるマットの汚れを防ぎます。
霧吹き
水をコップなどから直接注ぐとマットが固まってしまいます。
枯葉
隠れ場所になります。
防虫シート
コバエの侵入を防ぐネットをフタとケースの間にはさみます。

成虫の飼い方

成虫の飼い方

飼育ケースに霧吹きで湿らせたマットを深さ10センチ程度敷いて、その上に枯葉と朽木を配置します。エサはマットを汚さないように朽木のくぼみかエサ皿の上に置きましょう。乾燥に非常に弱いので毎日朽木とマットを霧吹きで湿らせ、フンはこまめに取り除くようにします。夜行性なので暑さに弱く、日中は落ち葉の間や木の影で休む様子が多く見られます。ケースを風通しの良い日陰に置き、温度を20~25度に保ちましょう。

カブトムシもクワガタも、ひっくり返ると起き上がることができず死んでしまうことがあります。止まり木を横に寝せたり、落ち葉を入れたりして、爪を引っ掛けて起き上がれるようにしておきましょう。

成虫の大きさは、幼虫時代の大きさと摂取した栄養により決まります。大きさと力の強さは比例するので、大きさが極端に違う個体を一緒のケースに入れないようにします。

繁殖させる場合はオス1匹に対してメス2~3匹を1つのケースで飼い、卵を産み付けやすいよう、朽木のくずが入ったマットを15~20センチほど敷いておきます。

エサ

エサ

栄養をバランスよく含む昆虫用ゼリーがおすすめです。カブトムシは1、2日でゼリー1つ、クワガタは週に1~2個のゼリーを食べるので、週に1度は必ず新品と交換しましょう。水分を多く含むスイカは下痢の原因になるので与えないで下さい。果物なら、バナナやリンゴが良いでしょう。液体タイプの樹液は朽木やマットが汚れ、コバエやダニの発生原因になるので避けたほうが良いでしょう。

病気・予防

病気・予防

残念ながら、カブトムシやクワガタの病気を治療することはできませんので、病気を予防することが大切です。ダニや線虫が発生しないように、防虫シートで外からの侵入を防ぎつつ、フンや汚れをこまめに取り除いてケース内を清潔に保って下さい。足の付け根や節にダニや線虫が付着しているときは、流水に当てながら毛の柔らかい歯ブラシで取り除き、マットや朽木はすべて交換しましょう。

クワガタムシの越冬

クワガタムシの越冬

小型の飼育ケースに産卵用マットを敷き、ビニールを被せて乾燥を防ぎます。電子レンジで加熱するか、煮沸消毒後に天日干しをして殺菌したコナラやクヌギの木材を埋めておきます。マットが乾燥しないように月に1回霧吹きで加湿します。日の当たらない場所に春まで置いておきます。