施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

リフォームのテーマを持ちましょう


家族

「あれを直したい」、「ここをこうしたい」と思うことは、日々の暮らしの中から湧いてきます。

リフォームのきっかけとしては、「収納スペースが足りない」、「キッチンが使いにくい」といったように、現状の不便さからくるものや、「子供の成長に合わせて」、「バリアフリーにしたい」など、年月の経過からくるものがあります。

肝心なのは、家族の皆がもつライフスタイルと、今後のライフサイクルとを照らし合わせたうえで、事情や条件を考慮し、最適な方法を採用することです。

そのためにも全体のテーマをまとめ、リフォームの柱を決めておきましょう。

これからの生活を見つめることから始めよう

リフォームは、住まいの不満な箇所を直せば良いというものではありません。これからどんな生活を望むのか、長い目でライフスタイルを考えることが重要です。その場しのぎのリフォームは、後々の生活において結局は使いにくく、お金ばかりかかってしまう無駄なリフォームにもなりかねません。

まずは今後、どのような生活を送りたいのかを考えましょう。そのうえで一貫したテーマを持ち、それを柱にリフォームのプランやスケジュールを考えましょう。それが満足できる住まいづくりの第一歩となるのです。

テーマに向かって皆でリフォームを進めよう

話し合い

まずは、住まいへの夢や希望を家族全員で膨らませてみましょう。その中から「家族もお客様もくつろげる住まい」、「歳をとっても安心な住まい」といった大きなテーマを考えます。そのテーマに従い、間取りの変更等の大きなリフォームから、手すりの設置や、壁面クロスの張替え等の規模が小さなリフォームへと優先順位をつけてプランを練り上げましょう。

テーマを決めておくと、家族からもリフォーム業者からもアイデアが出やすくなります。テーマに向かって、満足度の高いリフォームを実現しましょう。