ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

収納上手になるために


収納上手になるために

快適な生活を送るために、不要なものを増やさないコツを学び、収納上手になりましょう。

不要なモノを持たない

モノを減らす「見切りの基準」
モノを減らす「見切りの基準」

「モノが減れば片付く」、しかし自分のモノはなかなか簡単には処分できませんね。「いつか使うかもしれない」、「今度また使うかも」、こういった場合、押入れの奥やタンスの中で不要なモノが多くあります。

不要なモノを処分するには見切りの基準を設けること。見切りの基準は「今必要かどうか」、「過去に本当に使ったかどうか」です。

「見切り」が済んだら「間引く」

見切りの基準を設けたら、実際に不要なものを選別します。

そのときにタンスや押入れの中のものを引っ張り出すのは禁物です。よけいに散らかり必要なものも不要なものもわからなくなってしまいます。

不要なものだけ取り出し、間引くことがポイントです。

モノは必要なときに必要である

不要なものをせっかく減らしても、もらったり、買ったりしてしまえばもとの木阿弥です。

モノは収納スペースを占領しますから、「いつか使う」、「きっと使う」は禁句。未知なる未来に使用するモノに大事なスペースを与えてはいけません。

「モノは必要なときに必要である」ということを常に頭に入れておきましょう。

衝動買いは絶対しない

「モノ持ち」は「使い下手」

モノがあふれるこの時代、かわいい、欲しいと衝動買いをしていませんか。

モノをたくさん持っていることで満足している人が多いようですが、実際にすべてを有効に使いきっているのでしょうか。1~2回しか着てない服や旧タイプのブランドバッグがところ狭しとタンスの中に詰め込まれて並んでませんか。

モノを持っていれば持っているほど「使い下手」になることが多いのです。

3回我慢で初めて購入

これが家にあったら便利!なんて思わず買ってしまった経験はありませんか?そうした無計画な買い物に限って、使用することもなく後悔することが多いようです。

モノを買うときは「本当に必要か」、「困っているか」を考えるのがポイント。計画外の買い物は3回我慢してみましょう。

3回我慢しても欲しいと思ったものは、きっとあなたに必要なもので、有効に活用されるでしょう。

頂きものは眠らせない

頂きものはいらないモノ?
頂きものはいらないモノ?

モノが増える原因に頂きものがあります。自分の欲しいものであれば良いのですが、置き物・飾り物など自分の家に合わないものもあり、これが不要なものとなってしまいます。

しかも、くれた相手が親しければ親しいほど捨てられず、押入れのスペースを占領しているということも・・・。

頂きものも時には思い切って処分することも大切です。それにはとりあえず保存するスペースと期間を決めておきましょう。

頂きものは捨てずに生かす

頂きものはこんな分類によって有効活用することも可能です。まず、頂きものを以下のように3つのスペースに分類し、収納します。

  1. ①家で使うもの
  2. ②知り合い・友人にあげるもの
  3. ③バザーや施設に寄付するものそして必要なときに各々から取り出し活用します。

そうすれば捨てずに活用できる訳です。自分にとって不要なものが、他人にとって必要なものであることもあります。

新生活の家具・道具は揃えすぎない

快適なスペースの適量は?
快適なスペースの適量は?

結婚や転居など、新生活を始めるときは新鮮でうれしいものです。しかし、家具や道具は最初から揃えすぎるものではありません。

快適なスペースとは、家具などの占有する面積が全体の面積の約25%といわれています。

最初は必要最低限のものだけで、その部屋や生活に合った家具を後で買い足すことをお勧めします。

「後で片付ける」は禁物

きれいな部屋が使いやすい部屋とは限りません。部屋が散らかる主な原因は「後で片付けよう」という悪いクセです。

「使い終わったらすぐに片付ける」、これを習慣付けることが最も重要です。

置くべき場所の決め方

置くべき場所とはどんな場所でしょうか。「何をどこに置く」かは「この部屋で誰が何をする」で決まります。

置くべき場所とは使う場所のことです。使う場所にものを収納すれば、取り出すのも片付けるのも簡単で散らかりません。それを整理した後に最適な家具を買っても遅くありません。

収納スペースが足りなくなったときに初めて必要な家具を買い足しましょう。