ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

おすすめの照明器具



家族やお客様を出迎えたり、送り出したりする玄関は、明るくさわやかな雰囲気を演出したいものです。

照明器具の選び方によっても玄関の印象は大きく変わりますので、配置などにこだわって、印象良く快適な空間を作り出しましょう。

ここでは、玄関に最適な照明器具の選び方をご紹介します。

上がり口付近を明るく照らす

上がり口付近を明るく照らす

玄関の「上がり口」周辺は、明るい状態にしておくと、靴の脱ぎ履きがしやすい上、対面した人の顔が見やすくなります。

そのため、メインとなる照明は、「上がり口」の真上に設置すると良いでしょう。

玄関・廊下・階段を「ひとつの空間」として考える

玄関や廊下、階段は人が移動する空間としてつながっています。

これらをひとつの空間としてとらえ、トータルバランスを考慮して照明器具を選ぶと、洗練された印象になります。

また、玄関やその周辺が明るくても、正面の奥の壁が暗いと陰気な印象になってしまいます。

照明器具の配置を考える際には、廊下の奥までまんべんなく明るさが届くかどうかをきちんと確認しましょう。

空間イメージに応じた灯りを選ぶ

空間イメージに応じた灯りを選ぶ

玄関の印象は、照明器具によって大きく変わります。

家全体の印象や、玄関のインテリアなどの空間イメージを考慮した上で、照明器具を選ぶと良いでしょう。

すっきりとして明るい印象にしたい場合には「シーリングライト(天井に直接取り付けるタイプの薄型の照明器具)」、華やかな雰囲気にしたい場合には「シャンデリア(洋間の天井からつり下げる装飾的な照明器具)」、開放感を強調したい場合には「ダウンライト(天井に埋め込んで使うタイプの照明器具)」がおすすめです。