ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
家電・家具・ホームセンター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ショップ情報

お部屋のカンタンお手入れ術



玄関は、家族をはじめ、多くの来訪者が出入りする、言わばその家の「顔」。

だからこそ、いつでも清潔で明るい状態を保ちたいものです。

ここでは、気が付いたときにすぐにできる、玄関のお手入れ方法をご紹介します。

日頃のお手入れ

日頃のお手入れ

人の出入りが多い玄関は、泥や砂、ホコリなどが付きやすく、汚れがたまりやすい場所です。

定期的に掃除をするのはもちろん、気がついたときに、こまめに汚れを落とすように心がけることが大切です。

ここでは、短い時間ですぐにできる、日頃のお手入れ方法についてご紹介します。

普段からきれいな状態を保つ工夫を

一番汚れが目立つ玄関の床(たたき)は、普段からほうきなどを使い、砂やホコリを掃きだして、きれいな状態を保つようにしましょう。

ホコリが多い場合には、掃除機で吸い取ったあと、軽く絞った雑巾で拭き掃除をします。

ほうきやボロ布などを、いつでも使えるように常備して、汚れをためないように心がけましょう。

また、汚れが気になる戸建ての場合は、タワシや古歯ブラシなどを使って汚れを取り除き、水洗いをしたあと、から拭きをします。

マンションの場合は、水洗いをすると他の入居者様の迷惑になる場合がありますので、重曹を床全体に撒き、ぬらしたボロ布で拭きとります。

いずれの場合も、お手入れ後はしっかりと換気をして、湿気を残さないようにしましょう。

汚れを持ち込まない工夫が大切

洋服や靴についたホコリや泥などは、なるべく家の中に持ち込みたくないものです。

玄関の入口前に玄関マットを敷いて、泥や砂を払ってから家に入ると、玄関が汚れずに済みます。

また、玄関先に洋服ブラシを常備し、家に入る前にホコリを払うようにするのもひとつの方法です。

細部のお手入れ

細部のお手入れ

たまってしまった汚れには、念入りな掃除が必要です。

また、郵便受けや表札など、掃除を忘れがちな場所もあります。

ここでは、下駄箱や玄関ドア、インターホンなど、場所ごとのお手入れ方法をご紹介します。

下駄箱のお手入れ

湿気や汚れがたまりやすい下駄箱は、定期的にお手入れをする必要があります。

下駄箱の中の靴や小物をすべて取り出し、きちんと汚れを除去しましょう。

まず、細いノズルを着けた掃除機で、ホコリや泥、砂などを吸い取ります。

その後、水拭きをして汚れを拭き取り、さらにから拭きをして仕上げます。

取り出した靴や小物は、下駄箱の中が完全に乾いた段階で戻しましょう。

靴のお手入れ

せっかく下駄箱をきれいにしても、靴が汚れていたら意味がありません。

靴を履き終えたら、すぐに手入れをする習慣を付けると、下駄箱の掃除がラクになるのと共に、靴のもちも良くなるので、おすすめです。

革靴の場合は、まず靴ブラシや使い古しの歯ブラシなどを使って、靴底や靴の縁に付いている泥や砂などを落としていきます。

その後、クリーナーで革の表面の汚れを拭き取り、靴クリームを塗り、仕上げに、消臭スプレーをかけて完了です。

布製のスニーカーなども、専用のクリーナーや洗濯用洗剤などを使って、定期的に手入れをすると良いでしょう。

玄関ドア・インターホンのお手入れ

玄関ドアやインターホンは、手垢やホコリなどの汚れが付きやすい上、人目にふれやすい場所です。

定期的に水拭きをして、清潔な状態を保ちましょう。

汚れが目立つ場合には、液体石鹸を使います。

また、ドアノブまわりなどの細かい場所には、歯ブラシや綿棒を使うと良いでしょう。

郵便受け・表札のお手入れ

うっかり掃除をし忘れてしまいがちなのが、郵便受けや表札です。

しかし、ホコリや砂などがたまりやすく、意外に汚れやすい場所なのです。

汚れに気がついたときには、全体をから拭きしておきましょう。

また、から拭きで落ちないしつこい汚れは、液体石鹸を使うときれいに落とすことができます。

玄関の除湿法

玄関の除湿法

水を含んだ傘や靴などが集まる玄関は、湿気もたまりやすくなりがちです。

放っておくと、靴にカビが生えたり、ひどい悪臭の原因になってしまいますので、日頃から除湿に気を配りましょう。

ここでは、玄関の除湿の方法についてご紹介します。

日頃のひと工夫が大切

玄関に湿気をためないためのポイントは、定期的に風を通して湿気を発生させないようにすることです。

天気の良い日には、できるだけドアと下駄箱を開けて、換気をするようにしましょう。

また、雨の日の濡れた靴や傘は、できるだけ乾かしてからしまうようにすると、カビによる被害やにおいを最小限に抑えることができます。

新聞紙で湿気とにおいを予防

新聞紙には、水分や油分、においなどを吸収する性質があるため、湿気やにおいの予防にも効果的です。

下駄箱の棚に靴を並べる前に新聞紙を敷いておくと、靴の汚れが下駄箱に付着するのを防ぐこともできます。

湿気取りには重曹も効果的

料理や掃除などでよく使われる重曹には、除湿・消臭効果も期待できます。

1カップ程の粉状の重曹に、好みの香りのアロマオイルを数滴垂らして下駄箱の中に入れておくと、湿気を防ぐだけではなく、消臭芳香剤代わりになるのでおすすめです。

また、湿気を吸って固まった重曹は、そのままトイレや換気扇などの掃除にも使用することができます。

玄関の消臭法

玄関の消臭法

玄関のドアを開けた瞬間にイヤなにおいがすると、家族はもちろん、来訪者にも不快な思いをさせてしまいます。

このような事態を避けるためにも、におい対策は万全にしておきたいものです。

ここでは、玄関の効果的な消臭法についてご紹介します。

市販の消臭剤が便利

手間をかけず、確実に消臭したい場合には、市販の消臭剤を使うことをおすすめします。

除菌効果が含まれている「スプレータイプ」や、持続力のある「置き型タイプ」、見えない部分に置くことができる「シートタイプ」など、様々な種類のものが販売されていますので、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

「炭」でイヤな臭いを撃退

「炭」には、小さな穴が無数に開いており、この穴に水分やにおいの素となる物質が吸着することで、湿度が調整されたり、イヤなにおいを消すなどの効果があると言われています。

消臭剤の代わりに、下駄箱の中など、においが気になる場所に置いておくと良いでしょう。

また、消臭のためだけなら、バーベキューで使う安い炭などでも、十分に効果があります。

「コーヒー豆」や「茶がら」で消臭

コーヒーを淹れたあとの豆カスを十分に乾燥させたものには、消臭効果がありますので、フタのない容器に入れれば、消臭剤の代わりになります。

また、お茶を淹れたあとの「茶がら」にも、コーヒー豆と同様に消臭効果があり、乾燥させて紙袋などに詰めることで、消臭剤の代わりとして使うことができます。