ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

リビンググッズの選び方



多くの人が集まり、くつろぎやもてなしの場になるリビングルームには、美しさと機能性が求められます。

ここでは、より快適なリビングにするための必需品である、家具や家電製品などの選び方をご紹介します。

必要な家具と選ぶ際のポイント

インテリアのイメージを決定づけるのは、何と言っても家具です。

ここでは、リビングに必要な家具の特徴と、より良い印象にするための家具選びのポイントをご紹介します。

必要な家具とその特徴

リビングボード
リビングボード

リビングボードは、一般的に下段部分が低くつくられた家具のことで、テレビなどのAV機器を置いたり、飾り棚として使ったりする場合が多いようです。

サイドボード
サイドボード

サイドボードは、機能的にはリビングボードと同じですが、高さが低く、ガラス戸が付いている場合が一般的です。

ダイニングルームに置かれることもありますが、その場合はサービステーブルの機能をかねている場合が多いようです。

ソファ
ソファ

ソファは、背もたれや座面にクッションが効き、ゆったりと座れる長いすのことで、古代ギリシャやローマ時代にも利用されていたと言われています。

ソファの一種であるカウチは、背と肘のデザインに特徴があり、楽な姿勢でくつろいだり、寝ころんだりすることができます。

リビングテーブル
リビングテーブル

リビングテーブルは、通常はソファとセットで使われ、形も様々です。

この他、リビングに置かれるテーブルには、センターテーブル、サイドテーブル、コーナーテーブルなどがあります。

フロアチェア
フロアチェア

フロアチェアは、リビングチェアの一種で、座椅子を現代的なスタイルに改良したものです。

近年、リビングの必需品として定着してきました。

家具選びのポイント

リビングの広さや形状などを確認

家具を選ぶ際に重要なのが、部屋の広さや形状、窓の位置などに適したものを選ぶことです。

これらの項目をあらかじめメジャーで測ってサイズを確認しておくと、部屋造りがスムーズに進みます。

背の高い家具は避ける

背の高い家具は避ける

リビングは、家族のくつろぎの場所です。ゆったりとくつろげる部屋にするため、背が低くて圧迫感の少ない家具を選ぶようにしましょう。

なお、背の高い家具は圧迫感があるだけではなく、部屋を狭く感じさせてしまうので、避けたほうが良いでしょう。

リビングのスタイルやテイストを決める

リビングのスタイルやテイストを決める

インテリアの代表的なスタイルには、ナチュラル、シンプル、ラグジュアリー、ロマン、カントリー、モダン、クラシックなどがあります。

自分の好みのスタイルを選んだうえで、それに合ったデザインや素材、カラーなどの家具を選ぶと良いでしょう。

色調を統一する

色調を統一する

スタイルやテイストを統一するのと同様に、色調を統一するのもインテリアの大切な要素です。

家具の色は、リビングのフローリング、ドアなど、面積の大きい建具の色と調和するものを選ぶようにしましょう。

ナスラック(株)

ソファは生活スタイルに合ったものを

ソファは生活スタイルに合ったものを

ソファはやわらかすぎず、硬すぎない、座ったときにリラックスできるものを選ぶようにしましょう。

また、腰の高さも重要な要素なので、購入時にきちんと確認しましょう。

大きさや種類も様々なため、日常的な使い方や生活スタイルなどを良く考えて選ぶことが大切です。

小さな子どもがいる家庭は…

天板がガラス素材でできたリビングテーブルなどは、清涼感があり夏期の使用に適していますが、食器などの硬いものが当たると大きな音がしたり、場合によっては破損する恐れがあります。

小さな子どもがいる家庭では、避けたほうが良いでしょう。

住み替え派は…

一般的に、丈夫な家具は長持ちする反面、重量が重くなりがちです。

転勤が多い人や、賃貸住宅で定期的な住み替えを予定している人は、引越し時に負担が少ない、比較的軽量な家具を選ぶと良いでしょう。

必要な電化製品と選ぶ際のポイント

リビングで良く使用されている電化製品には、テレビやDVDレコーダーなどのAV機器、空気清浄機などがあります。

特にテレビは、高画質、高音質などを特徴とする、デジタル放送に対応したチューナー内蔵の薄型テレビが急速に普及しています。

ここでは、リビングに必要な電化製品を選ぶ際のポイントをご紹介します。

薄型テレビが主流に

薄型テレビが主流に

ハイビジョンに対応した薄型テレビは、液晶タイプとプラズマタイプが人気を二分しています。

液晶タイプは、明るくメリハリのある映像が特徴で、一方のプラズマタイプは、映像に奥行き感があり、処理スピードが速いため、映画やスポーツなどの動きの速いシーンがきれいに見えます。

なお、価格は高くなってしまいますが、液晶タイプにも映像の処理スピードが速い「高速液晶タイプ」があります。

リビング用のテレビサイズ

ハイビジョンなどのデジタル放送に対応した薄型テレビを見る際に最も適している距離は、画面の高さの3~4倍程度の距離と言われています。

例えば、パネルの高さが40cm程度の32V型薄型テレビなら、1.6mが適正距離となります。

そのため、10~16畳程度のリビングの場合は、32V~45V型のサイズのテレビを選ぶと良いでしょう。

デジタルチューナー内蔵テレビ

デジタルチューナー内蔵テレビ

「地上デジタル放送」や「BSデジタル放送」、「110度CSデジタル放送」などを視聴するためには、それぞれのデジタルチューナーを内蔵したタイプのものが必要です。

また、それらを視聴するためには、UHFやBSアンテナ、ケーブルテレビなどの設備が整っていることも必要です。

DVDレコーダー

DVDレコーダー

ハードディスク(HDD)を内蔵したDVDレコーダーは、ディスクなどの記憶メディアを使用せず、直接ハードディスクに収録することができるため、見たい番組をただちに録画することができます。

また、録画したハードディスクの容量が一杯になった場合や保存したい場合は、ハードディスクからDVDディスクにダビングすることができます。

DVDディスクには、ビデオテープと比べ、軽量かつコンパクトで、収納スペースが少なくて済むと言うメリットがあります。

空気清浄機

空気清浄機

春や秋の花粉症対策などに効果を発揮するのが空気清浄機です。

最近の空気清浄機には、水分子を放出して有害物質を捕らえ、さらに分解して消臭する機能が付いたものもあります。

このタイプのものは、これまで不可能であったダイオキシンなどのガス状の物質も除去できます。

また、ペットやタバコのにおいなどを消臭してくれるのはもちろん、シックハウス対策にも効果的です。