ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

おすすめインテリア



リビングは、家族のだんらんやお客様へのおもてなしなど、様々な目的で使われる空間です。

だからこそ、照明器具やカーテンなどのインテリアにもこだわりたいものです。

ここでは、心地良いリビングを演出するための、インテリアのポイントをご紹介します。

照明器具

リビングは、家族がくつろいだり、お客様をもてなしたりする多目的スペースです。

そんなリビングを心地良い空間にするためのポイントのひとつが、「照明器具」の選び方です。

ここでは、リビングの照明器具の選び方をご紹介します。

インテリアに合った照明を選ぶ

インテリアに合った照明を選ぶ

照明器具選びのポイントのひとつが、インテリアの雰囲気に合ったものを選ぶことです。

重厚で高級感あふれるインテリアには、シャンデリアをプラスして華やかな印象に、モダンでシンプルなインテリアには、シーリングライト(天井に埋め込んだり、直接取り付けるタイプの照明器具)を選ぶと、圧迫感が少なく、広々とした印象になります。

部分照明をアクセントに

部分照明は、作業をする手元を照らすなどの実用的な役割の他に、空間にアクセントをプラスするなど、インテリアとしても重要な役割を担っています。

部分照明に使われる主な器具には、次のようなものがあります。

ブラケット
ブラケット

壁面に取り付けるタイプの照明器具です。

空間を広く見せたり、明るく華やかな印象にします。

スタンドライト
スタンドライト

テーブルや床などに置いて使う照明器具です。

コンセントにプラグを差し込むだけで、手軽に部屋の雰囲気を変えることができるのが魅力です。

読書や作業をする際の手元を明るく照らしたり、空間にアクセントを付けたいときに部屋のコーナーなどに置いて使います。

ダウンライト
ダウンライト

天井に埋め込まれているタイプの照明器具です。

利用方法は幅広く、スポットライト代わりに使用するものや、広範囲にわたって照らすタイプのものもあります。

部屋全体をより明るい印象にしたいときや、絵画や花などを飾る場合のアクセント照明として活躍します。

スポットライト
スポットライト

一点を集中的に照らすタイプの照明器具です。

ピンポイントに光が当てられるため、照らす対象が引き立ちます。

関連お役立ちコンテンツ

フロアカーペット・ラグ

フロアカーペット・ラグ

「フロアカーペット」や「ラグ」などのファブリック(織物)は、部屋に占める面積が広く、部屋の印象を左右するものです。

また、これらのファブリックは、防音や保温など、インテリア以外にも重要な役割があります。

ここでは、それぞれの機能や特長など、選ぶ際のポイントをご紹介します。

フロアカーペットやラグの機能

快適性

フロアカーペットやラグには、固くて冷たい床から足腰を守る働きがあります。

素材や毛足の長さ、クッション性が商品によって異なりますので、店頭などで実際に使い心地を試した上で、気に入ったものを選ぶと良いでしょう。

防音性

足音などの生活音は、意外と階下に響いているものです。

こうした生活音の発生を防いだり、階下に伝わりにくくする働きがあるので、特に小さな子供がいるご家庭などでは、防音性の高いものをおすすめします。

防汚性(ぼうおせい)

毎日、長い時間接するものですから、できるだけ清潔で快適な状態を保ちたいものです。

小さな子供やペットがいるご家庭などでは、撥水加工がなされているものなど、汚れにくく掃除がしやすいものを選びましょう。

また、防ダニ加工や抗菌加工などを施したものもあります。

保温性

冷えを防ぐ役割もありますので、保温性に考慮した素材や構造のものを選ぶと良いでしょう。

また、ホットカーペットと組み合わせて使えるラグなどもあり、寒さが厳しい冬場におすすめです。

フロアカーペットの特徴と選び方

床全体に敷き詰める「フロアカーペット」は、占有面積が広く、その色合いやデザイン、素材が部屋の雰囲気を大きく決定付けます。

デザインや色合いにこだわるのはもちろん、素材の汚れにくさや防音効果などの機能も考慮した上で選びましょう。

汚れや焼け焦げ、キズなどの補修方法などを事前に確認しておくと、メンテナンスがしやすくなります。

また、購入する際に気を付けたいのが「採寸」です。

最近は洋室・和室ともに規格外の部屋が多く、部屋ごとにサイズが異なるケースがほとんどです。

柱のでっぱり部分や、家具を置くスペースなど、細かな部分まで正確に測っておきましょう。

ラグの特徴と選び方

ラグの特徴と選び方

床の一部分に敷く「ラグマット」は、「フロアカーペット」とは異なり、部屋の一部を彩るものです。

しかし、そこに腰を下ろしてくつろぐなど、長時間、人が集まる場所であることには変わりありません。

「フロアカーペット」を選ぶ場合と同様に、家具や照明など、他のインテリアとのバランスや、機能、メンテナンスのしやすさなども考慮して選ぶと良いでしょう。

カーテン・ラグ購入