ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
家電・家具・ホームセンター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ショップ情報

ワンポイントアドバイス



リビングでの一家団らんやリラックスタイムに欠かせない存在が「テレビ」です。

2011年7月24日に、アナログ放送からデジタル放送へ完全移行しました。

ここでは、デジタル放送の種類や受信方法など、デジタル放送の基礎知識についてご紹介します。

デジタル放送の基礎知識

特徴

特徴

2011年から本格的に始動したデジタル放送ですが、これまでのアナログ放送とどのような違いがあるのでしょうか。

デジタル放送の特徴をまとめてみました。

映像や音声が高品質

地上波を利用したアナログ放送は、雑音に弱いアナログ信号を使って放送されていましたが、デジタル放送は、雑音がほとんどないデジタル信号によって放送されています。

このため、デジタル信号はアナログ信号に比べ、高画質・高音質です。

また、テレビの放送波の一部を利用して、文章やイラスト、写真などのデジタルデータなどを送信することができる「データ放送」や、受像機に内蔵した情報入力・通信機能を使って、視聴者がテレビ放送に対して働きかけることができる「双方向サービス」が可能になるなどのメリットがあります。

デジタル放送は3種類

現在、デジタル放送には、主に「地上デジタル放送」、「BSデジタル放送」、「110度CSデジタル放送」の3種類があります。

このうち「地上デジタル放送」は、アナログ放送用の送信所(鉄塔)にデジタル放送用のアンテナを取り付ける他、新たに送信所を設置して、そこから放映しています。

また、「BSデジタル放送」は放送衛星を、「110度CSデジタル放送」は通信衛星を利用して放映しています。

なお、「地上デジタル放送」、「BSデジタル放送」、「110度CSデジタル放送」は、それぞれ受信方法が異なります。

利用したいデジタル放送の受信方法をきちんと調べて理解しておく必要があります。

視聴時の注意点

デジタル放送を視聴する場合には、様々な手続きが必要となります。

ここでは、デジタル放送を視聴する際の注意点をご紹介します。

視聴にはB-CAS(ビーキャス)カードが必要

視聴にはB-CAS(ビーキャス)カードが必要

地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送の番組を視聴するには、「地上・BS・110度CSデジタルチューナー」や、「地上波デジタル対応テレビ」に同梱されている「B-CAS(ビーキャス)カード」の登録が必要です。

B-CASカードに登録することで、スクランブル(電波を乱す暗号により視聴できない処理がされている状態)を解除する信号が送られ、番組を見ることができるようになります。

B-CASカードとは?

B-CASカードとは、デジタル放送の視聴や、ショッピングでの商品購入時に必要となる個人情報の管理を行なうカードのことです。

地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送の番組を見るためには、B-CASカードをデジタルテレビ、またはデジタルチューナーに挿入する必要があります。

デジタル放送の受信料

デジタル放送を視聴するにあたり、次の場合には受信料が必要です。

NHK

NHKの受信料は、1世帯につきひとつの契約を結ぶ必要があります。

ただし、会社などの事業者の場合は、1台につき1契約を原則としています。

有料放送

WOWOWとスターチャンネルBSを視聴する場合には、1チューナーにつきひとつの契約を結ぶ必要があります。

双方向サービス

データ放送で行なわれているゲームなどの大半は、無料で利用できます。

しかし、放送局によっては、独自の会員登録などが必要となる他、一定の費用がかかる場合があります。

有料の双方向サービスの費用については、テレビ画面上などで事前に確認しておきましょう。

地上デジタル放送

以前のテレビ放送(アナログ放送)は、送信設備から中継局を通じて地上に沿って放送電波を送信していることから、「地上波放送」と呼ばれています。

地上デジタル放送では、従来行なわれてきた地上波アナログ放送のUHF帯(13~52チャンネル)を使用して、デジタル放送を行なっています。

受信方法

「地上デジタル放送対応テレビ」と「UHFアンテナ」が必要

地上デジタル放送を受信するには「地上デジタル放送対応テレビ」と「UHFアンテナ」が必要です。

なお、地上デジタル放送対応テレビ以外のテレビの場合は、「地上デジタル放送用チューナー」を取り付けることが必要です。

アンテナは「3波共用型」の受信機が主流
現在、デジタル放送を受信するためのアンテナは、地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送の3波を受信できる「3波共用型」が主流になっています。
ケーブルテレビの場合はアンテナ不要
ケーブルテレビで地上デジタル放送を視聴する場合は、個別に受信アンテナを設置しなくても、地上デジタル放送対応テレビ、または地上デジタルチューナーがあれば受信できます。

集合住宅では?

アパートや賃貸マンションなどの集合住宅では、屋上などにUHFアンテナを設置し、UVブースターと分配器を通じて電波が各戸に配線されているケースが多くみられます。

このような場合には、地上デジタル放送対応テレビ、または地上デジタル放送用チューナーを設置すれば地上デジタル放送を視聴できます。

なお、UHFアンテナの設置状況については、集合住宅の管理会社などに問合せると良いでしょう。

BSデジタル放送

BSデジタル放送を受信するには「BSアンテナ」と「BSデジタルチューナー内蔵テレビ」、または「BSデジタルチューナー」が必要です。

BSデジタルチューナーは、ほとんどのテレビに接続でき、それぞれのテレビの性能に合った画質でBSデジタル放送を見ることができます。

ただし、ビデオ入力端子のないテレビでは視聴できません。

民放のBSデジタル放送は無料

NHKのBSデジタル放送やWOWOW、スターチャンネルBSの視聴は有料ですが、民放系BS5局によるBSデジタル放送は無料で見ることができます。

ケーブルテレビの場合はアンテナ不要

ケーブルテレビと契約してデジタル放送サービスを視聴する場合には、個別に受信アンテナを設置しなくても、BSデジタルチューナー内蔵テレビ、またはBSデジタルチューナーがあれば視聴できます。

集合住宅では?

アパートや賃貸マンションなどの集合住宅では、屋上などにBSアンテナを設置し、BSブースターと分配器を通じて、電波が各戸に配線されているケースが多く見られます。

このような場合には、BSデジタルチューナー内蔵テレビ、またはBSデジタルチューナーを設置することで、BSデジタル放送を視聴できます。

なお、BSアンテナの設置状況については、集合住宅の管理会社などに確認すると良いでしょう。

110度CSデジタル放送

110度CSデジタル放送を受信するには、「110度CSデジタルチューナー内蔵テレビ」、または「110度CSデジタルチューナー(BSデジタルチューナーや地上デジタルチューナーにセットされている場合もある)」と「BSアンテナ」が必要です。

また、同時に「スカパー!110」もしくは「WOWOWデジタルプラス」への加入が必要です。

なお、加入は有料となります。

ケーブルテレビの場合はアンテナ不要

ケーブルテレビでデジタル放送サービスを視聴する場合には、個別に受信アンテナを設置しなくても、110度CSデジタルチューナー内蔵テレビ、または110度CSデジタルチューナーがあれば受信できます。

集合住宅では?

アパートや賃貸マンションなどの集合住宅は、屋上などにBSアンテナを設置し、CSブースターと分配器を通じて電波が各戸に配線されているケースが多く見られます。

このような場合には、110度CSデジタルチューナー内蔵テレビ、または110度CSデジタルチューナーなどを設置すれば、110度CSデジタル放送を視聴できます。

なお、BSアンテナの設置状況については、集合住宅の管理会社などに問合せましょう。