ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

キッチングッズの選び方



おいしい料理を作るために、欠かせないのが調理器具や調理家電などの「キッチングッズ」。

毎日使うからこそ、気に入ったデザインで、かつ、使いやすいものを選びたいものです。

ここでは、最低限揃えておきたい「キッチングッズ」と、その選び方をご紹介します。

調理用品

「調理用品」は、料理をする上でなくてはならない必需品です。

しかし、これまで料理をしたことがない人の中には、どんな調理用品を選んでいいのか分からないという人も少なくありません。

ここでは、鍋や包丁、まな板など、基本的な調理用品を選ぶ際のポイントをご紹介します。

「鍋」は、加熱調理器具として煮物・茹で物・揚げ物・蒸し物などの調理法に利用されます。

金属製・陶器製など様々な材質のものがあり、それぞれに特徴がありますが、現在では、熱伝導率が高く、軽く錆びにくいアルミニウム製の鍋が最も多用されます。

両手鍋
両手鍋

鍋の両側に持ち手が付いていて、両手で持つことができるタイプの鍋です。

持ち運ぶ際や調理中の安定感があり、シチューや煮込み料理など、じっくり火にかける料理や、カレーやポトフなど、一度に大量に調理する料理などに適しています。

「両手鍋」を選ぶ際には、持ち手が熱くなりにくく、料理が焦げ付きにくいものを選びましょう。

大きさとしては、初めて両手鍋を購入する際には、直径20㎝・深さ12㎝ぐらいのものと直径24㎝、深さ7㎝位のものの2つを選び、そのあと、必要に応じて別のサイズのものを買い足していくと良いでしょう。

片手鍋
片手鍋

持ち手が1本しか付いていないタイプの鍋です。

主に少量の食材を茹でたり、温めたりするときに使います。

持ち手が熱くなりにくい材質の、柄の長いタイプのものを選ぶと良いでしょう。

短時間でお湯を沸かしたり、ちょっとした温め物などで使いたい場合には、直径15㎝前後のものを選ぶと良いでしょう。

なお、片手鍋は安定感がないため、大量の料理を作るのには適しません。

中華鍋
中華鍋

中華料理などに用いられる丸底鍋です。

底面積が広く、中央部と周辺部に温度差があるため、食材の炒め具合をコントロールできます。

熱伝導性に優れ、炒め物はもちろん、煮物、蒸し物をはじめ、あらゆる調理法に対応できます。

「中華鍋」を選ぶ際には、使い勝手を考慮して、軽くて耐久性に優れたものを選ぶと良いでしょう。

大きさの目安としては、4人家族の場合、直径30~35㎝程度のものを選ぶようにすると、使いやすくて便利です。

圧力鍋
圧力鍋

密閉状態で内部を高圧にすることにより、短時間での調理を可能にし、食材の栄養や風味を逃さないように工夫されている鍋のことです。

主に、豆の下茹でなどの固い食材の調理や、豚の角煮、シチューなどの煮込み料理に適しています。

火を止めてもしばらくの間は高温の状態を保つことができるため、固い組織をやわらかくする働きがあります。

圧力鍋は、メーカーや機種により使い勝手が異なりますので、安全性と使いやすさをきちんと吟味した上で、購入するようにしましょう。

また、調理する際には、説明書やレシピなどを熟読した上で調理しましょう。

フライパン

フライパン

「フライパン」の材質や加工方法には、様々な違いがあります。

材質としては、鉄製・アルミ製・チタン製・ステンレス製などがあり、加工方法としては、テフロン加工・フッ素加工・マーブルコートなど、調理中の焦げ付きを防ぐ加工がなされているものが多く見られます。

サイズとしては、4人家族のご家庭では、家族全員分の料理が一度に作れる24~26㎝のものを選ぶと良いでしょう。

また、オムレツやお弁当のおかずを作る際などには、直径16㎝程度のものがあると便利です。

やかん

やかん

「やかん」には、ホーロー・ステンレス・アルミ・銅など、様々な材質のものがあります。

熱の伝わり方やお手入れ方法など、それぞれに特徴があります。

中でも「ホーロー製」や「ステンレス製」は、直火はもちろんIH調理器にも対応可能で、錆びや腐食にも強いため、人気があります。

また近年、デザイン性に優れたやかんが増えています。

使い勝手やデザインから、お気に入りのものを選ぶと良いでしょう。

包丁

包丁

初めて包丁を購入する場合には、「三徳(さんとく)包丁」か「牛刀(ぎゅうとう)」を選ぶと良いでしょう。

「三徳包丁」は、野菜・肉・魚のどれを切るにも適している洋包丁で、「文化包丁」とも呼ばれています。

「牛刀」は、肉を切るのに適した洋包丁ですが、野菜や魚を切る場合にも使えます。

この他、野菜や果物の皮むきに便利な「ペティナイフ」や、魚や硬い肉などを切る「出刃(でば)包丁」を揃えておけば、様々な料理に対応することができます。

まな板

まな板

「まな板」には、木製と合成樹脂製のものがあります。

木製の「まな板」は、包丁の刃当たりがやわらかく、すべりにくいため、魚を切るときなどに便利です。

しかし、包丁の刃によって傷付きやすく、その傷の中に水分や材料かすが残り、ばい菌が繁殖しやすいため、使用時に注意が必要です。

合成樹脂製の「まな板」は、傷付きにくく、水分もしみ込みにくいため、木製のまな板に比べてばい菌が繁殖しにくいのが利点です。

しかし、刃当たりが悪く、包丁の刃をいためやすい、切っているときに滑りやすいという難点があります。

「まな板」を選ぶ際には、このようなそれぞれの特長をきちんと把握した上で、用途に合わせて使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

ボウル

ボウル

「ボウル」は、和(あ)える・混ぜる・浸(ひた)す・泡立てるなど、様々な用途で使う、なくてはならない調理用具のひとつです。

「ボウル」を選ぶ際には、耐久性と機能性に注目しましょう。

「ボウル」には、ステンレス製・ガラス製・プラスチック製などがありますが、錆びにくく、熱に強いステンレス製や、電子レンジで加熱ができる耐熱ガラス製のものがおすすめです。

サイズは、家族の人数や食材の量によっても異なりますが、直径18~23㎝程度のものを中心に、2・3個あると便利です。

同じ種類で異なるサイズのものを揃えれば、積み重ねて収納することができます。

ざる

ざる

野菜や麺類の水切り・湯切りなどに使う「ざる」には、竹製やステンレス製、プラスチック製のものがあります。

その形状も様々で、ボウル型や角型のもの、柄付きのものなどがあります。

また、目の粗さもそれぞれ異なりますので、用途や良く使う食材などを考慮した上で選ぶと良いでしょう。

大きさについては、20㎝前後のものと、25㎝前後のものを2種類用意することをおすすめします。

計量用具

プロの料理人が料理を作る際には目分量で材料を量ることがありますが、一般の人が料理をする場合に、分量を正しく量るために使用するのが「計量用具」です。

「計量用具」には、主にキッチンスケール・計量カップ・計量スプーンがあり、それぞれ材料によって使い分けます。

また、計量用具は国によって容量が異なることがあるので、外国のレシピを参照する場合は、注意が必要です。

キッチンスケール(はかり)
キッチンスケール(はかり)

「キッチンスケール(はかり)」は、お菓子づくりやパンづくりなどに欠かせない道具です。

アナログタイプとデジタルタイプがありますが、デジタルタイプの方が見やすく、計量も正確です。

こうしたデジタルタイプの「キッチンスケール」の中でも、容器などの重量を引いて計算できる「風袋(ふうたい)引き機能」が付いているものが便利です。

計量カップ
計量カップ

粉や液体の体積を測るために使われる「計量カップ」。

その材質は、ステンレス製・プラスチック製・ガラス製などがありますが、中の状態が見やすく計量の誤差が生じにくい、ガラス製のものがおすすめです。

また、耐熱ガラス製であれば電子レンジでの調理も可能で、調味料づくりや少量の野菜を茹でる際にも役立ちます。

計量スプーン
計量スプーン

調味料などを計る際に使われるのが「計量スプーン」です。

大さじ1(15ml)、小さじ1(5ml)があれば、たいていの料理には対応できます。

なお、大さじ2分の1や小さじ2分の1といったサイズもあり、これらを揃えておくと、より正確な計量が可能です。

その他のキッチンツール

その他にも、料理の際には欠かせないツールや、あると便利なものが多くあります。

それぞれの特徴を理解し、自分の用途に合ったものを選ぶと良いでしょう。

おたま
おたま

「おたま」を選ぶ際には、すくう部分の形や大きさに注目します。

円形や楕円形、先端部分が尖ったものなど様々な形状のものがありますので、実際に手にとって、使いやすさを確かめた上で選ぶと良いでしょう。

なお、鍋の縁に触れやすい柄の部分は金属製のものを、持ち手は熱くならない材質のものを選びましょう。

フライ返し
フライ返し

卵や肉を調理するときに欠かせない「フライ返し」。

ヘラの幅が広くて穴や切れ目が入っているものが、使い勝手が良く、おすすめです。

鍋の縁に触れやすい柄の部分は金属製、持ち手は熱くならない材質のものを選ぶと良いでしょう。

また、フライパンの中には、表面が傷付きやすく、金属製のフライ返しを使わないほうが良いものがあります。

お使いのフライパンの材質や加工方法をきちんと確認した上で選ぶようにしましょう。

菜箸
菜箸

「菜箸」は通常の食事用の箸に比べて約1.5~2.5倍程度の長さがあり、調理用・料理の取り分け用として使われます。

天ぷらなどの食材が高温になる料理の調理時に使われることが多いので、竹製や木製であり塗りはありません。

また先に刻みがあり、食材が滑らないようになっているものもあります。

取り分け用では、主に中華料理などの大皿料理を小皿に取り分ける際に使われます。

調理家電

快適なキッチンライフになくてはならない存在が、冷蔵庫やオーブンレンジなどをはじめとする「調理家電」です。

最近では、便利なハイテク機能を搭載したものも登場し、用途に応じて選ぶことができるようになりました。

ここでは、調理家電の種類と、選び方のポイントをご紹介します。

オーブンレンジ

オーブンレンジ

調理や温めなおしなど、キッチンの必需品として愛用されている「オーブンレンジ」。

「オーブンレンジ」の加熱方法には、レンジ(温め)加熱、オーブン加熱、グリル加熱の3種類があり、料理に応じて使い分けることができます。

選ぶ際のポイントとしては、庫内の容量やレンジ出力の大きさなどがあります。

また、最近では、スチーム機能がついたもの、油分をカットできるもの、ターンテーブルがなく、お手入れがラクなものなど、機能的なものが増えていますので、パンフレットなどでチェックしておきましょう。

トースター

トースター

「トースター」は、「オーブントースター」と「ポップアップトースター」の2つに大別できます。

「オーブントースター」は、トーストだけではなく、ピザや餅、フライ物の再加熱などにも使うことができます。

一方、食パンを縦に入れ、焼きあがったら飛び出すタイプの「ポップアップトースター」は、熱源が近いため焼きムラが少なく、外はこんがり、中はふっくらと焼きあがるのが魅力です。

好みや用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

炊飯器

炊飯器

スイッチひとつでおいしいご飯を炊くことができる「炊飯器」。

最近では、おかずやデザートなどが作れる調理機能を備えたものも登場するなど、機能的なものが増えています。

「炊飯器」は、炊飯方式によって大別されます。

電気を使って窯全体にムラなく熱を伝える「IH炊飯器」、IH炊飯器の内釜に圧力をかけて炊く「IH圧力炊飯器」、火力の高いガスを使ってふっくらと炊き上げる「ガス炊飯器」、炊飯器の底に設置されたヒーターから伝わる熱を利用する「マイコン炊飯器」の4つが主流となっています。

それぞれの特長を把握した上で選びましょう。

冷蔵庫

冷蔵庫

食材を保存・保管する上で、欠かせない存在である「冷蔵庫」。

近年では、省エネ仕様のものや、扉が「両方向開閉」か「観音開き」で開けやすいものなど、機能的にも優れたものが続々と登場しています。

「冷蔵庫」は、冷凍庫や野菜室の位置などで大別されます。

主なものに、野菜室が真ん中にある「野菜室タイプ」、冷凍庫が真ん中にある「ミッドフリーザータイプ」、冷凍庫が一番上にある「トップフリーザータイプ」があります。

また、庫内の容量が小さい「単独タイプ」は、電力消費量も少なく、単身者に適しています。

家族の人数や料理の頻度を考慮し、適した大きさやタイプや機能を選ぶと良いでしょう。

電気ポット

電気ポット

「電気ポット」には、電動作用によってワンタッチで連続してお湯をくみ出すことができる「電動給湯方式」、電気を使わず、空気の圧力でお湯を押し出す仕組みの「エアー給湯方式」、ハンドルを持って注ぐ「ハンディ給湯方式」の3つのタイプがあります。

また、お湯を使わないときには低温で保温する「保温温度調節機能」や、必要なときにお湯を沸かすことができる「節電タイマー」など、省エネ機能がついたものもありますので、事前に調べておくことをおすすめします。

コーヒーメーカー

コーヒーメーカー

手軽においしいコーヒーをいれることができる「コーヒーメーカー」は、コーヒー党にとってなくてはならない存在です。

その種類も幅広く、主なものに、ボタンを押すだけで、豆を挽くところから抽出、粉の処理までを自動的に行なう「全自動コーヒーメーカー」、一般的なコーヒーメーカーに電動ミルがついた「ミル付コーヒーメーカー」、本格的なエスプレッソをご家庭で楽しみたい方のための「エスプレッソメーカー」などがあります。

自分の嗜好やライフスタイルを考慮した上で選ぶと良いでしょう。

コンロ・IHクッキングヒーター

調理のしやすさや料理仕上がりを大きく左右するのが、「ガスコンロ」や「IHクッキングヒーター」などの、熱源となる調理器具の存在です。

ここでは、「ガスコンロ」や「IHクッキングヒーター」の種類と選ぶ際のポイントをご紹介します。

ガスコンロ

ガスコンロ

「ガスコンロ」は、据え置き型の「テーブルコンロ」とシステムキッチン等に組み込むタイプの「ビルトインコンロ」の二種類に大別されます。

「ガスコンロ」を選ぶ際には、設置する場所に合ったサイズのものを選ぶのはもちろん、バーナーの種類や「立ち消え安全装置」「天ぷら油過熱防止装置」といった独自の機能、お手入れのしやすさなどを考慮すると良いでしょう。

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター

磁力線の働きで、鍋そのものをヒーターのように発火させて調理する「IHクッキングヒーター」は、立ち消えや不完全燃焼の危険性がないなど、安全機能が充実していることなどから、近年、急速に普及しています。

「IHクッキングヒーター」も、ガスコンロと同様、「据え置き型」と「ビルトインタイプ」に分かれています。

「IHクッキングヒーター」を選ぶ際には、設置する場所に合ったものを選ぶのはもちろん、火力の調整の方法や操作のしやすさ、独自の機能などをきちんと確認した上で決めるようにしましょう。