ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
家電・家具・ホームセンター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ショップ情報

カンタンお手入れ術



クローゼットや押入れは、洋服などの衣類に付いたホコリや、衣類から出る繊維クズなどで意外と汚れがちな場所です。また、湿気が多くカビが発生しやすいので、定期的なお手入れが大切です。ここでは、クローゼットや押入れを清潔に保ち、カビを防止するための方法をご紹介します。

クローゼット(洋室)

クローゼット(洋室)

クローゼットをキレイな状態に保つコツは、衣類に付いたホコリをクローゼットの内に持ち込まないことです。クローゼットに入れる前に、衣類用ブラシなどでホコリを払っておくと、汚れを防ぐことができます。持ち込んでしまったホコリや繊維クズなどは、化学雑巾などですぐに除去しておきましょう。

扉や壁にはハタキと化学雑巾

一般的に、木製家具は水気を嫌います。特にクローゼットは湿気がこもりやすいため、できるだけ水拭きは避けるようにしましょう。扉や壁を掃除する際には、ハタキでホコリを取り除き、その後、化学雑巾で乾拭きします。汚れが目立つ場合には、住宅用中性洗剤を付けた乾いた布で軽く拭き取っておくと良いでしょう。

定期的に掃除機がけ

こまめにお手入れをしていても、クローゼットの奥や四隅にはどうしてもホコリがたまってしまいがちです。そこで、定期的に中のものを外に出し、掃除機をかけておきましょう。除去しづらい隅のホコリについては、隙間用ノズルを使うと良いでしょう。

押入れ(和室)

押入れ(和室)

押入れは、湿気がこもりやすく、カビが生えやすい場所です。押入れを清潔に保つためには、中に湿気がこもらないように、日頃から定期的に換気しておくことが大切です。ここでは、押入れをお手入れする際のポイントをご紹介します。

湿気やカビの予防

押入れに湿気がたまるのを防ぐためには、定期的に風を通すことが大切です。普段から、こまめに換気をするよう心がけましょう。汗などを吸った布団のまわりにこもる湿気を除去するためには、布団の下に「すのこ」を敷くのもひとつの方法です。「すのこ」を敷くことで、床と布団の間に空気の通り道が確保され、湿気を逃すことができます。「すのこ」の下に丸めた新聞紙を入れておくと、湿気を吸収してくれるため、より効果的です。また、せっかく換気をしても、押入れの中に風が通る隙間がなければ、効果は半減してしまいます。押入れにものを詰め込みすぎないよう心がけ、整理整頓を習慣づけると、風通しが良い状態を保つことができます。

定期的に掃除機がけ

クローゼットのお手入れと同様に、押入れにも定期的に掃除機をかけ、ホコリやゴミを除去します。押入れの中のものをすべて外に出した後、隙間用ノズルなども活用し、四隅の汚れもしっかりと取り除きましょう。掃除機がけが終わったら、水に浸して固く絞った雑巾で、全体を拭き掃除します。水拭き、乾拭きの順で行ない、終わったら戸を開けてしっかり乾燥させましょう。

カビの予防と除去

カビの予防と除去

カビは、食中毒やアレルギー性皮膚炎などの被害をもたらします。カビは、目に見えない胞子が常に空気中を漂っていて、繁殖の条件が整えば、どこにでも発生します。カビの好まない環境を作って、カビの発生を防ぎましょう。

カビの予防

クローゼットや押入れの内部は、カビの繁殖条件である湿度(65%以上)や温度(20~30℃)、エサ(脂質・たんぱく質・炭水化物などと結びついたホコリ)が整っている場合が多く、注意が必要です。 内部の風通しを良くして湿気がこもらないようにし、カビのエサとなるホコリを除去するように心がけましょう。また、カビの防止には、除菌効果の高いエタノールが有効です。カビを予防したい場所に消毒用エタノールをスプレーして、よく乾かしておきましょう。

カビの除去

カビを発見したら、すぐに柔らかな布で包み込むようにカビを拭き取ります。その際、カビを広げないように注意しましょう。カビを拭き取ったら、非塩素系のカビ取り剤をスプレーした布で拭き、その後、水拭き、乾拭きの順で仕上げます。