施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

収納術



疲れを癒すリラックス空間である寝室。

一日をゆったりとした気持ちで終えるためにも、常にスッキリと片付いた状態にしておきたいものです。

ここでは、寝室を快適な空間にするための収納方法をご紹介します。

クローゼット収納の基本

クローゼット収納の基本

クローゼットは、衣類や生活雑貨、家電など、暮らしにまつわる様々なものを収納する場所です。

そのため、やみくもに収納していると、クローゼットの中が乱雑になり、本来の役割を果たさなくなってしまう恐れがあります。

ここでは、クローゼットの収納の基本についてまとめてみました。

特徴を把握する

クローゼットの容量や構造は、部屋ごとに異なります。

そのため、収納を考える上では、自分の部屋にあるクローゼットの特徴を把握することが大切です。

クローゼットのタイプやその容量、奥行きや幅などを確認した上で、収納計画を立てると良いでしょう。

デッドスペースを減らす

限られたスペースを有効に使うためには、デッドスペースを減らすことが大切です。

奥行きぴったりのカゴや、つるした洋服の下の空きスペースに適した収納道具を使う、扉の裏側のスペースを活用するなど、デッドスペースを極力減らすように心がけましょう。

位置に応じて収納するものを変える

収納をする際に大切なのが、「どこに何をしまうか」です。

オフシーズンの布団などは上段、普段使いの衣類など使用頻度が高く、比較的軽いものは最も使いやすい中段。

オフシーズンの衣類や電化製品など、時々使うものや重たいものは下段へ収納すると良いでしょう。

空間に応じた収納術

空間に応じた収納術

クローゼットは、その高さや奥行きに応じた収納上の特徴があり、場所ごとに使い勝手が異なります。

それぞれの特徴を活かして、空間を有効活用する方法をまとめてみました。

中心のハンガーパイプ

クローゼットの中心にある「ハンガーパイプ」は、最も使いやすく、衣類を出し入れするのにも便利です。

衣類をつるす際には、丈の長さ順に並べると良いでしょう。

また、つるす衣類の種類ごとに大きめの洗濯バサミを付けておくと、定位置が決まるため、散らかりにくくなります。

なお、つるす衣類の量が多すぎると、取り出しにくいばかりか、湿気がこもりやすくなってしまいます。

容量の7~8割程度のゆとりある収納を心掛けましょう。

上棚

手前

高さのあるクローゼットでは、上棚に手が届きにくく、出し入れがしづらいものです。

オフシーズンの衣類や布団・毛布類、ひな人形や五月人形などの季節の飾り物を、取手の付いた収納ボックスや布ケースなどに入れて収納すると、取り出しやすくて便利です。

上棚の奥は、クローゼットの中で最も不便な場所です。

しばらく使う予定のないものや、あまり使わないけれど、長期間保存したいものなどを収納しましょう。

下部

手前

下部の手前は、「引出し式収納ケース」やカゴなどを置き、衣類をたたんで収納します。

掃除機やアイロンなど、よく使う電化製品などもこの場所にあると便利です。

クローゼットに奥行きがある場合は、キャスター付きの収納ケースを使うと、奥のスペースを有効活用できるとともに、掃除もしやすくなります。

下部の奥は、手前に置いたものや、「ハンガーパイプ」につるした長い丈の衣類に遮られ、ものが出し入れしづらく、使い勝手の良くない場所です。

オフシーズンの衣類や電化製品など、頻繁に使わないもので、重いものを収納すると良いでしょう。

ウォークインクローゼットの収納

最近、若い女性を中心に人気があるのが、ウォークインクローゼットです。

通常のクローゼットに比べて収納量が多く、衣類に限らず様々なものを収納できるのが魅力ですが、収納方法をひと工夫すれば、さらに快適に使うことができます。

ここでは、ウォークインクローゼットの特徴と、収納方法をご紹介します。

ウォークインクローゼットとは?

ウォークインクローゼットは、西洋で誕生した衣類用の納戸のことで、通常、寝室の隣に更衣室をかねた形で作られます。

一般のクローゼットは奥行きが60cm程度と収納量に限界がありますが、ウォークインクローゼットは3~4畳程あり、日常的に使用しない衣類はもちろん、客用の布団やゴルフセットやスキー用品なども一緒に収納することができます。

ポイント

ウォークインクローゼットは、その名の通り、中に入って歩けることが前提となっています。

そのため、通路分のスペースをきちんと確保することが大切です。

入り口に近い部分に普段着やよく使うものを、奥にオフシーズンの衣類やあまり使わないものを収納すると良いでしょう。

移動しやすいキャスター付きのハンガーラックや収納ワゴンを使うと、衣替えの際などに便利です。

布団の収納方法

オフシーズンの布団や予備のベッドリネンなどは、どのように収納すれば良いのか悩むものです。

特に布団は、吸湿性があるため、収納する前にもひと工夫することが大切です。

ここでは、布団やベッドリネンの収納のポイントをご紹介します。

乾燥させてから収納

湿気を吸いやすい布団は、そのまま収納してしまうとカビなどの原因になりかねません。

収納する前には、必ず天日で干すか、布団乾燥機などを使って、たまった湿気を取り除きましょう。

乾燥させたあとの布団は、軽く叩いて掃除機をかけると、内部のホコリやダニなどを除去することができます。

通気性を考慮

布団を密閉したケースにしまってしまうと、収納する場所によっては徐々に湿気がたまって、カビやダニの繁殖の原因になりかねません。

専用の布団ケースや木綿の風呂敷など、通気性の良いものを選び、押入れの上段など、比較的湿気が少ない場所に収納しましょう。

なお、普段あまり使わないお客様用の布団は、より湿気の少ない天袋に収納すると良いでしょう。

住宅設備機器・建材事業「ナスラック(株)」