ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ
家電・家具・ホームセンター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ショップ情報

収納術



トイレは、スペースが狭い割に物が多い場所です。汚れやすく、湿気がこもりやすいといった、トイレ特有の特徴もあり、収納する際にも注意が必要です。ここでは、トイレ収納のポイントと、収納用グッズの活用方法をご紹介します。

ポイント

ポイント

トイレ収納のポイントは、「清潔感」と「スペースの有効活用」です。このポイントを踏まえて、機能的な収納にするための方法をまとめてみました。

清潔な空間を保つ

トイレは、浴室や洗面所と同様、湿気が多いスペースです。また、床などが汚れやすいため、こまめに掃除をする必要があります。そのため、床面に近い部分には置く物を極力減らし、棚やカゴを使うなど、清潔で風通しの良い状態を保てるように工夫して、収納すると良いでしょう。

できるだけ隠す

サニタリー用品など、人目に触れたくない物は、カゴや箱に入れたり、カーテンを付けるなど、隠して収納しましょう。しかし、清掃用のブラシなどは隠したくてもスペースがありません。この場合は、デザイン性が豊かでカラフルな商品を選ぶのもひとつの方法です。サニタリーボックスと一体化し、コンパクトに収納できるタイプなどがあります。

収納用グッズの活用

収納用グッズの活用

スペースが狭いトイレ内で、効率良く収納するのに威力を発揮するのが収納用のグッズです。こうしたグッズを上手に使い、トイレ内の空間を有効に活用しましょう。

伸縮棚の活用

タンクの上

トイレの中で収納に最も適した場所は、タンクの上方のスペースです。ここに作りつけの棚がない場合には、新たに手作りの棚を設置しましょう。クギなどを使って棚をつくり付けることができない場合は、自在に伸縮して壁と壁の間に配置できる「伸縮棚」がおすすめです。

さらに、前面に「突っ張り棒」を使ってカーテンを付けると、見せたくないものを効率良く隠すことができます。

ドアの上
ドアの上は、視線が行くことが少なく、収納に便利な場所です。そこに「伸縮棚」を付けて、カゴや箱に物を入れて収納しておけば、気になりません。

壁の強度が気になる場合

「伸縮棚」は、壁面に圧力をかけて支える構造になっているため、壁面の強度が必要です。壁が薄く、強度に問題がありそうな場合には、上下に突っ張るタイプの「ラック」を使う方法もあります。トイレ専用のラックの他、スペースによっては洗濯機用のラックが使える場合もありますので、調べてみると良いでしょう。