施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

カンタンお手入れ術



毎日、頻繁に使うトイレは、汚れがたまりやすく、放置しておくとイヤなニオイが発生します。こまめにお掃除をして、いつでも気持ち良く使えるようにしたいものです。ここでは、トイレをいつも清潔な状態に保つためのポイントをご紹介します。

日頃のお手入れ

トイレ掃除のポイントは、汚れたらすぐに掃除をすることです。いつでもお手入れができるように、トイレブラシやトイレ用除菌スプレーなどの清掃道具は、すぐ使える場所に置いておきましょう。

便器の中
トイレを使って流した後、洗剤をつけずにトイレブラシで便器の中をこすりましょう。その際、水のたまっている部分と乾いている部分の境目も丁寧にこすります。
便器のまわり
市販のトイレ用除菌スプレーを便座・ふたの表裏・便器の縁などにまんべんなくスプレーし、きれいな部分から汚い部分の順に拭き掃除をします。

細部のお手入れ

細部のお手入れ

トイレは、便器や便座・シャワー式トイレのノズル・水洗タンクなどで構成され、それぞれにお手入れが必要です。いずれも汚れがたまらないうちに、掃除をする習慣をつけておくことが大切です。

便器

便器のお手入れは日頃のケアが大切ですが、これにプラスして、定期的にトイレ用洗剤を使った念入りなお手入れを行なうと、よりキレイな状態を保つことができます。お手入れ方法は、トイレ用中性洗剤を汚れている部分にかけ、しばらく放置した後、ブラシやスポンジでこすり落とします。頑固な汚れは、クリームクレンザーをブラシや布などにつけてこすり落としましょう。最後に、水を流して仕上げます。

シャワー式トイレのノズル

シャワー式トイレのノズル部分は、排泄物や水アカが付着しやすい部分です。使い古した歯ブラシに、トイレ用中性洗剤をつけてこすり洗いをしましょう。その際、ノズルの水を紙コップで受けながら洗うと良いでしょう。最近では、ノズル部分を自動的に洗浄するタイプのトイレが登場していますが、こうしたトイレの場合でも、定期的にノズルに消毒用エタノールを軽くスプレーしてトイレットペーパーで拭いておくと、より衛生的です。

便座のまわり

便座のお手入れは、市販のトイレ用除菌スプレーを使った拭き掃除が基本です。特に、便座の裏側や便座の下、便座の正面は汚れやすい部分なので、こまめに拭いておきましょう。便座の付け根などの細かい部分のお手入れには綿棒を、ブラシが届きづらい部分のお手入れには、使い古しの歯ブラシや割り箸などを使うと便利です。

水洗タンク

水洗タンク上部の「手洗い」は、ホコリや水アカなどがたまりやすく、汚れが目立ちやすい部分です。手を洗うときに、ついでに雑巾や市販のトイレ用除菌シートなどで拭き掃除をすると、キレイな状態を保つことができます。また、タンクの外側や裏側、下側なども、定期的に掃除しておきましょう。仕上げにトイレ用除菌スプレーか、消毒用エタノールをスプレーしておくと衛生的です。

金属パイプ

トイレ内の金属パイプがピカピカに輝いていると、トイレの印象がグンとアップします。金属パイプはみがき剤をつけた雑巾で軽くこすり、乾拭きで磨き上げましょう。

便器の黄ばみ対策

トイレ掃除で最も厄介なのが、水アカや排泄物による汚れが蓄積されてできた「便器の黄ばみ」です。ここでは、「便器の黄ばみ」の予防と、できてしまった場合の対処法をご紹介します。

原因と予防法

原因
「便器の黄ばみ」は、便器に付着した尿に含まれている「尿酸」や「リン酸」が、水に含まれるカルシウムイオンと結合してできた「尿石」と呼ばれる結晶物によるものです。「尿石」はアルカリ性のため、キレイに取り除くには、酸性の洗剤で中和させるのが最も効果的です。
予防法
「便器の黄ばみ」を予防するためには、その原因となる尿などの排泄物による汚れをためないことが大切です。便器を使ったらすぐにトイレットペーパーで汚れを拭き取ったり、トイレブラシでひとこすりするなど、日頃から排泄物や水アカなどがたまらないように心がけましょう。

対処法

塩素系漂白剤で漂白
「便器の黄ばみ」は、アルカリ性の汚れですので、塩素系の漂白剤が有効です。黄ばんだ部分にトイレットペーパーを重ねて厚めに敷き、塩素系漂白剤を染み込ませて、数時間放置しましょう。 浄化槽タイプのトイレの場合は、この方法でバクテリアも同時に除去できます。
酢や重曹で「エコクリーニング」
塩素系の漂白剤を使うのに抵抗がある場合には、酢や重曹(重炭酸ソーダ)を使った「エコクリーニング」がおすすめです。まず、便器に重曹をまんべんなく振りかけ、その上からトイレ用中性洗剤をかけ、トイレブラシでこすり洗いします。その後、加熱した酢水を便器内にまわしかけ、一晩放置した後、水を流すとキレイになります。

ニオイ対策

ニオイ対策

トイレのニオイは、普段の掃除で落としきれていない汚れが原因です。見落としがちな汚れをチェックして、ニオイを根本から除去しましょう。

ニオイの元を断つ

トイレのイヤなニオイの原因は、排泄物のアンモニア臭です。これらは使うたびに掃除をすることで、ニオイを防ぐことができます。しかし、便器の縁の裏側や便座のフタ・床などに飛び散った排泄物については、掃除し忘れてしまうことも少なくありません。ニオイが気になる場合には、これらの部分を重点的に掃除すると良いでしょう。なお、便座カバーやトイレマットを使用している場合には、こまめに洗濯しておくと、ニオイを防ぐことができます。

ニオイを予防

ニオイの元となるトイレの汚れを除去したら、消臭剤などを使ってニオイを予防しましょう。消臭効果のある重曹をガラス製の容器などに入れ、トイレの片隅に置いておくのもおすすめです。好みのアロマオイルを数滴垂らしておけば、ほのかな香りも楽しめます。