ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

リフォームワンポイントアドバイス



最近では、和風便器から洋風便器に、さらにシャワー付便座になど、トイレのリフォームを行なうご家庭が増えています。ここでは、トイレをリフォームする際のポイントをご紹介します。

ポイント

ポイント

リフォームは、トイレを清潔で快適な状態に保つための有効な手段のひとつですが、その際にはいくつかのポイントを押さえる必要があります。

安全性

リフォームを行なう際に、まず考慮したいのが「安全性」です。介護や車椅子が必要になった場合に備えて、出入り口を広くしたり、段差をなくすことをおすすめします。また、夜間の使用に備えて、人感センサー付きの照明器具や、冬の防寒対策として暖房器具を設置しておくと良いでしょう。

環境づくり

最近では、汚れがたまりにくい形状の便器や、表面の塗膜により汚れが付着しにくい便器など、お手入れのしやすさに着目した商品が数多く登場しています。また、床材や壁紙にも湿気や臭いへの対策を講じたものもあります。これらの商品を利用して、少ない手間でキレイな状態を保てるようにリフォームする方法もあります。

便器の大きさ

便器のサイズには、大きく分けて2種類あり、通常「エロンゲートサイズ(大型サイズ)」と「レギュラーサイズ(普通サイズ)」と呼ばれています。エロンゲートサイズは、レギュラーサイズと比べて前後方向に3㎝ほど大きく、座り心地がゆったりしていて人気があります。しかし、狭いスペースのトイレでは、男性が立って小用をする際に窮屈だったり、床などを拭き掃除する際に、便器が邪魔になることがありますので、スペースを考慮した上で決めると良いでしょう。

手洗い器の設置

最近、トイレをリフォームする際に、新たに独立した手洗い器を設置するケースが増えています。トイレに手洗い器や鏡、棚などがあると、ちょっとした化粧直しや手を洗いたいときなどに便利です。収納キャビネットと手洗い、鏡などが一体化したタイプの商品などもありますので、用途やスペースに応じて選んでみてはいかがでしょうか。

パーツリフォーム

パーツリフォーム

予算の都合などで、トイレ全体のリフォームができない場合は、便座を温水洗浄便座に交換したり、収納キャビネットを追加するなど、気になるパーツを交換するだけでも、使い勝手が格段に向上します。

便座

現在、一般家庭の大半で洋風便器(腰掛便器)が使われており、近年では、一般的な「普通便座」から、座面を暖めるヒーターが内蔵されている「暖房便座」や、お尻を洗浄する機能を持った「温水洗浄便座」に交換するご家庭が増えています。「暖房便座」と「温水洗浄便座」の特徴は、次のようになります。

特徴

暖房便座
ヒーターが内蔵されており、座面を暖めることができる便座です。温度調整ができるものが多く、いつでも便座を快適に使うことができます。
温水洗浄便座
ノズルからお湯や水を噴出し、お尻を洗浄する機能を持った便座のことです。現在では、「おしり洗浄」、「ビデ洗浄」、「暖房便座」の3つの機能を備えたものが人気です。中には、乾燥機能や消臭機能を備えたものもあります。
暮らしをトータルコーディネイト

収納キャビネット

トイレという狭い空間では、できるだけ物を一ヵ所にまとめて収納して、スッキリとした印象にしたいものです。そんなときに役立つのが、掃除用具や衛生用品、トイレットペーパーなどをまとめて収納できる「収納キャビネット」です。主に、壁に直接取り付けるタイプや床に直接置くタイプ、吊り戸棚タイプがあります。スペースや用途に合ったものを選ぶと良いでしょう。

アクセサリー類

手間をかけずに簡単にトイレ全体の印象を変えたい場合は、トイレットペーパーホルダーやタオルかけなどのアクセサリー類を交換してみてはいかがでしょうか。照明器具・扉のハンドル・電気のスイッチカバー・掃除器具などを、同じシリーズや同じ素材で揃えると洗練された印象になります。スリッパ・タオル・床用のマット・便座カバーなども併せてコーディネイトすると、より効果的です。