ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ
家電・家具・ホームセンター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ショップ情報

洗面所グッズの選び方



洗顔や整髪など、身だしなみを整えるために毎日使う「洗面所」は、様々な道具や小物、家電が集まる場所でもあります。ここでは、洗面所を快適に使用するためのグッズや、洗面所に置かれることが多い洗濯機・乾燥機の選び方をまとめてみました。

洗面所の必需品

毎朝、家族全員が慌しく使用する洗面所。だからこそ、見た目にも機能性にもこだわりたいものです。ここでは、あると便利な洗面所グッズと、その選び方をご紹介します。

歯ブラシスタンド

歯ブラシスタンド

複数の歯ブラシを、取り出しやすくスッキリとまとめる「歯ブラシスタンド」。材質・デザインともに多種多様な商品が揃っています。水まわりで使うため、水切れが良く、滑りにくい材質を選ぶと良いでしょう。また、歯ブラシやうがい用のコップなどを一緒に収納できるものや、抗菌処理が施されたものなど、優れた性能を持つものも多く販売されています。

コップ

コップ

洗面所で使う「コップ」は、家族が毎日、何度も使うものです。丈夫で扱いやすく、清潔な状態を保ちやすい、ステンレス製や抗菌仕様のプラスチック製を選ぶと良いでしょう。また、歯ブラシスタンドや石けん受けなどと同じデザインを選ぶと、インテリアに統一感がでます。

石けん受け

石けん受け

手を洗う際などに使う固形石けんは、水につけたままにしておくと、すぐに溶けて使いにくくなってしまいます。「石けん受け」を選ぶ際には、水切れや通気性の良いタイプを選ぶと良いでしょう。

ランドリーボックス

ランドリーボックス

洗濯物を一時的に入れておく「ランドリーボックス」には、籐(とう)などの自然素材や、プラスチック素材が多く見られます。いずれの場合も通気性が良く、汚れが付着しにくいものを選ぶと良いでしょう。フタ付きのものを選ぶと、汚れ物をすっきりと隠すことができます。また、分別式のランドリーボックスや、複数のボックスを使って、汚れの状態や衣類の色・柄・種類に応じて洗濯物を分けておくと、他の洗濯物に汚れがついたり、雑菌が繁殖したりするのを防ぐことができます。

サニタリー収納棚

サニタリー収納棚

タオルや洗面用品・化粧品・掃除用品などを機能的に収納するための棚が「サニタリー収納棚」です。収納するものの量や種類、洗面所の広さを考慮して、用途に合ったものを選ぶと良いでしょう。

洗濯機・乾燥機

洗濯機・乾燥機

「洗濯機」は、生活に欠かすことのできない家電製品です。最近では、洗濯と乾燥が一台でできる「洗濯乾燥機」も登場し、ますます便利になりました。ここでは、家族構成やライフスタイルに応じた、「洗濯機」と「乾燥機」の機能と選び方をご紹介します。

種類と特徴

洗濯乾燥機
洗濯から乾燥までを自動で行ないます。出かけている間や寝ている間に洗濯・乾燥が済むため、単身者や共働きの夫婦など、洗濯をしている時間のない方に適しています。ドラム槽ごと回転させ、衣類を上から下へ落としてたたき洗いをする「ドラム式」が多く、少量の水で衣類をやさしく洗うことができるのも魅力です。
全自動洗濯機
洗濯から脱水までを自動で行ないます。洗濯方式は、洗濯層に溜めた水を回転させ、水流で衣類を洗浄する「回転(水槽)式」で、回転する水の力で汚れをしっかりと落とします。衣類を乾きやすい状態にする「乾燥機能」をはじめ、優れた洗濯機能を備えた商品が、各メーカーから販売されています。
二槽式洗濯機
洗濯・すすぎを行なう槽と、脱水を行なう槽が二槽に分かれています。全自動洗濯機と比較して、黒かびが発生しづらく、衛生的に使うことができます。洗濯方式は回転(水槽)式で、他のタイプに比べて洗浄力が高く、頑固な汚れをしっかりと落とすことができるのが特徴です。
乾燥機
乾燥のみを行ないます。「洗濯乾燥機」と比較して、短時間で仕上げられる機種が多く見られます。素材の特徴に合わせた乾燥方法を選べる機種や、安い光熱費でふんわりと仕上げることができるガス乾燥機などが人気です。

選ぶ際のポイント

「洗濯機」や「乾燥機」を選ぶ際のポイントは、使う人の目的やライフスタイルによって大きく異なります。昼間に洗濯ができない方には、洗濯と乾燥が一度にできる「洗濯乾燥機」、小さなお子さんがいて汚れものが多いという方には「二槽式洗濯機」というように、それぞれのタイプの特徴を踏まえた上で、用途に合ったものを選ぶと良いでしょう。また、マンションなどでは、洗濯機を置くスペースや排水口の位置などが限定されているケースも多いので、事前に確認しておきましょう。

おすすめの照明器具

おすすめの照明器具

洗面所は、洗濯などを行なう作業スペースであると同時に、身だしなみを整えるための場所でもあります。鏡を見ながら細かな作業を行なうことが多い場所なので、洗面所の隅々までを明るく照らす「ベースライト」と、手元を明るく照らすための「ミラーライト」の2灯をバランス良く設置する必要があります。

「ベースライト」には、繰り返しの点灯に強い白熱灯を、「ミラーライト」には、自然な肌色に見せることができる蛍光灯を選ぶと良いでしょう。なお、白熱灯、蛍光灯を問わず、自然光に近い「昼白色」のものを選ぶと良いでしょう。