ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ
家電・家具・ホームセンター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ショップ情報

収納術



石けんや歯ブラシ、タオルにヘアケア用品など、こまごまとした道具が集まる「洗面所」ですが、洗濯機などが置かれるため、収納スペースも限定されます。ここでは、限られた洗面所の収納スペースを有効に活用するための方法をご紹介します。

洗面台まわり

洗面台まわり

洗面台まわりの収納は、化粧品やヘアケア用品などの小物類が多いため、カゴやフックなどを上手に使い、散乱させないことが大切です。

毎日使うもの

毎日使う化粧品やヘアケア用品などは、出し入れしやすい場所に保管するのが原則です。中でも、小さくて散乱しやすいものや、倒れやすいものは、プラスチックケースやカゴなどにまとめて収納すると良いでしょう。同じ種類のものはできるだけ同じ場所に収納するようにすると、探す手間が省けて便利です。

スペースの有効活用

洗面台の下は、排水管が通っているため、収納スペースを効率良く使うことがポイントになります。手作りの棚や組み立て式の小さなラックを使うと、排水管を避けて、効率的に収納することができます。なお、同じ種類のものを半透明のプラスチックケースなどにまとめておくと、何がどれだけあるかが一目でわかり、管理しやすくなります。体重計やドライヤーは、その大きさや形状から収納場所に困るものです。

体重計は、洗面台の一番下にボードを敷き、その上に置いて保管すると取り出しやすくなります。ドライヤーは、洗面台の扉の裏側にフックを付けて吊り下げておけば、使いたいときにすぐに使うことができます。

収納棚を活用

洗面所に収納スペースが不足している場合には、洗面台の横に収納棚を追加する方法もあります。洗面所用の収納棚は、ホームセンターや通信販売などで、様々なサイズや形状のものが販売されていますので、設置スペースに合わせ、収納するものと量などを考慮した上で選ぶと良いでしょう。

フックを使用

粘着式のフックや、ポールなどに引っ掛けて使うS字フックは、軽いものや小物などの収納に便利です。頻繁に使うものについては、使いやすい場所にフックを設置して、そこを定位置にすると、使い勝手が良くなるので、おすすめです。

洗濯機まわり

洗濯機まわり

洗濯機まわりの収納のポイントは、洗濯機の上の空間と、周辺スペースを利用することです。市販の収納グッズなどを上手に使って有効活用しましょう。

ランドリーラック

使いかけの洗剤や柔軟剤などは、収納スペースが足りないとつい床に置いてしまいがちです。そうなると、乱雑な印象になるだけでなく、細かい部分まで掃除が行き届かなくなり、不衛生になってしまいます。

このような場合は、市販の突っ張り棚やランドリーラックなどを使うと、コンパクトに収納することができる上、掃除もしやすくなります。棚の数は2~3段あると便利です。上段にはタオルなどを、下段には洗剤類や洗濯用ハンガーなどを収納すると良いでしょう。

洗濯機の横

洗濯機の横にできた隙間は、市販の収納ラックやカゴなどを利用すれば、使いやすい収納スペースになります。洗剤や洗濯ハンガー、洗濯バサミなどのランドリー用品の収納はもちろん、洗う前の洗濯物を入れる「ランドリーボックス」代わりにも使うことができます。