ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ

ショップ情報

カンタンお手入れ術



1日に何度も使って、石けんカスや水アカなどの汚れが溜まりやすい洗面所を、いつでもキレイな状態に保つためには、日頃からこまめに掃除することが大切です。家族がいつでも心地良く使えるように、使用後は汚れや水滴を拭き取ることを習慣づけ、常に清潔な状態に保ちましょう。ここでは、洗面所のお手入れのポイントをご紹介します。

普段のお手入れ

普段のお手入れ

洗面所をいつでもキレイな状態に保つためには、日頃からこまめに掃除することが大切です。洗面台や鏡などについた汚れや水滴は、気付いたときに乾いた布で拭き取っておきましょう。また、週に1回は汚れ具合を点検し、汚れが目立つ場合には、場所ごとに念入りに掃除をします。

お手入れのポイント

定期的な換気
洗面所は、湿気がたまりやすく、そのままにしておくとカビが生えてしまう恐れがあります。洗面台や床などについた汚れや水滴をこまめに拭き取るとともに、定期的に換気を行ないましょう。
排水管のお手入れ
排水管の汚れは、イヤなニオイの原因になってしまいます。気付いたときに汚れや髪の毛などを取り除くのはもちろん、2~3ヵ月に1回のペースで、市販の「排水管用クリーナー」などを使って洗浄しておきましょう。

鏡

洗面台の鏡は、水滴や歯磨き粉などが飛散し、汚れてしまいがちな部分です。洗面台を使用するたびにチェックして、汚れに気付いたら、すぐにお手入れをしましょう。

お手入れ方法は、水拭きで汚れを落としたあとに乾いた布で乾拭きし、表面をピカピカに磨き上げます。なお、化粧品や油脂などによる油分を含んだ汚れは、エタノールを使うとキレイになります。

洗面台

洗面台

洗面台は、髪の毛やホコリなどが集まりやすく、汚れが目立つ部分です。髪の毛やホコリなどを見つけたら、その都度、ティッシュペーパーなどでつまんで除去しておきましょう。

また、石けん置きは、溶けた石けんや手アカなどの汚れが付着しやすい部分です。これらの汚れは、水をつけた歯ブラシや布などでこすり取ると良いでしょう。

お手入れのポイント

洗面ボウルに付着している主な汚れは、石けんカスや水アカです。洗面ボウルを使うたびに、スポンジなどを使って洗い流しておくと、汚れが溜まりにくくなります。

汚れが目立つ場合は、布に水で薄めた浴室用中性洗剤を含ませて拭き掃除をし、その後、水拭きと乾拭きで仕上げましょう。また、歯磨き粉を乾いた布につけて洗面ボウルを磨くと、一層輝きが増します。

蛇口まわり

蛇口まわり

ついつい掃除を怠りがちな蛇口まわりですが、ここがキレイだと、洗面所全体の印象がグンとアップします。定期的にお手入れをして、ピカピカに磨き上げると良いでしょう。

お手入れのポイント

蛇口まわりのお手入れには、水に浸して固く絞った布を使いましょう。拭きづらい部分は、両手で布の端を持って布の中心を拭きたい部分にあてがい、左右に動かして拭き掃除をし、最後に乾拭きで仕上げます。

曇りが目立つ場合は、歯磨き粉を乾いた布につけて磨きましょう。台所用中性洗剤や酢水などを使っても、キレイになります。いずれの方法を用いた場合も、曇りが取れたら、洗剤などを水で良く洗い流した後、乾拭きをして仕上げましょう。

壁・床

髪の毛や飛散した石けんカス・歯磨き粉などで汚れがちな床や壁のお手入れは、水拭きが基本です。水に浸して固く絞った布で、しっかりと拭き掃除をしましょう。なかなか落ちないしつこい汚れは、住宅用中性洗剤か酢水を浸した布を使って落とします。なお、壁紙の中には、水気を嫌う材質のものもありますので、水拭きをしたらすぐ乾拭きし、換気をするなどして、良く乾かしておきましょう。

歯ブラシスタンド

歯ブラシスタンドは、日頃から注意を払っていても、歯磨き粉や水アカなどで汚れてしまいがちです。使い古した歯ブラシなどを使って、定期的に掃除をしておきましょう。

お手入れをする際には、スタンドの中身を空にして、水をつけた古歯ブラシで溝の部分に付着した汚れをこすり取ります。底部の汚れは、水を浸して固く絞った布で除去しましょう。汚れが落ちにくい場合は、台所用中性洗剤をつけてこするとキレイに落ちます。汚れが取れたら、乾いた布やティッシュペーパーなどで乾拭きをして仕上げましょう。