ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
家電・家具・ホームセンター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ショップ情報

カンタンお手入れ術



浴室は、一日の汚れを落とし、疲れを癒す大切な場所。

だからこそ、みんながリラックスして過ごせる、快適で衛生的な空間にしておきたいものです。

ここでは、浴室を清潔に保つためのポイントをご紹介します。

浴槽の掃除

浴槽の掃除

浴槽には、湯アカや石けんカスの汚れがたまります。

これらの汚れは、入浴した直後には余熱で汚れがゆるんでいるので、少しこすればすぐにキレイになります。

お風呂から出るときにお手入れをする習慣を付けておけば、しつこい汚れを防ぐことができます。

お湯を抜いている間に掃除

浴槽の汚れは、お湯が冷めてしまうと固まって、浴槽の縁や水際にこびり付いてしまいます。

入浴が終わってお湯を抜いている間に、スポンジやブラシで浴槽をこすり、汚れを落としてしまいましょう。

お湯を抜き終えたら、シャワーを使って汚れを洗い流します。

湯アカや石けんカス

なかなか落ちない湯アカや石けんカスは、浴室用中性洗剤をスポンジに付けて、こすり洗いします。

これらの汚れは放置すればする程、固まって落ちにくくなりますので、こまめにお手入れするように心がけましょう。

浴槽全体の掃除

日頃のお手入れに加えて、週に1回は浴槽全体を掃除しておきましょう。

具体的なお手入れ方法は、湯アカなどの汚れに浴室用中性洗剤を直接かけて、しばらく放置してからスポンジでこすります。

汚れが落ちたら、シャワーなどで全体に水をかけて洗剤を洗い流しましょう。

また、浴槽とタイルの境目は、特に汚れがたまりやすい場所です。

使い古した歯ブラシで汚れをかき出して、隅々までキレイに洗いましょう。

最後に、乾拭きをして仕上げます。

入浴剤

入浴剤に含まれている成分の中には、浴槽の変色や色あせ、排水管の傷みなどの原因となってしまうものもあります。

入浴剤を使用したあとは、浴室用中性洗剤を使って、入浴剤の成分をきちんと洗っておきましょう。

最後に、浴槽全体にシャワーで水をかけてすすぎます。

しつこい汚れ

浴槽の汚れは、油断して掃除を怠ると少しずつ蓄積し、落ちにくくなってしまいます。

湯アカや石けんカス、カビなどの汚れがたまってできた部分的な黒ずみには、浴室用中性洗剤を含ませたティッシュペーパーを、汚れに直接当たるように置いて10分程放置しておきます。

汚れが浮き出てきたら、スポンジでこすり取ると良いでしょう。

それでも落ちない汚れについては、台所用のクリームクレンザーをスポンジに付けてこすり洗いすると、キレイになります。

カビ対策

浴室は、家中で最も湿気が多く、カビがはえやすい場所です。

日頃から換気を心がけ、浴室内に余計な水分を残さないように心がけましょう。

換気

カビを予防するためには、入浴中や入浴後はもちろん、それ以外のときでも換気扇を回したり窓を開けたりして、湿気を外に逃がすことが大切です。

万が一、カビが生えてしまった場合には、市販のカビ取り剤を使って除去しましょう。

水分を残さない

湿気を減らすためには、浴室内に余分な水分を残さないことも大切です。

入浴後は、床や壁はもちろん、シャンプーやリンスなどのボトル類についた水滴なども、できるだけ拭き取っておくと良いでしょう。

原因の除去

石けんカスに含まれる体のアカは、カビの栄養分になってしまいます。

換気や除湿とともに、汚れをきちんと除去することが大切です。

入浴後、床や壁にシャワーで水をかけ、汚れを落とすことを習慣付けると、カビの発生を防ぐことができます。

浴槽以外の掃除

浴槽以外の掃除

浴室の壁や床なども、汚れがたまりやすい場所です。

ここでは、浴槽以外の場所のお手入れ方法をご紹介します。

タイルの目地

浴室のタイルの目地は、水分や汚れがしみ込みやすく、カビが発生しやすい場所です。

タイルの目地が黒ずんできたら、使い古しの歯ブラシに浴室用中性洗剤やクレンザーを付けて、こすり取ります。それでも取れない場合には、市販のカビ取り剤を使いましょう。

排水口

排水口は、毛髪や湯アカなどがたまりやすく、汚れを放置しておくと、黒ずんだりイヤな臭いがしてしまいます。

フタや目皿などは、定期的に取り外して洗っておきましょう。

使い古しの歯ブラシに浴室用中性洗剤を付けて、それぞれのパーツを丁寧に洗っておきましょう。

壁や床

浴室の壁や床は、毎日の入浴後に浴室用の掃除ブラシを使って軽くこすり洗いをしておきましょう。

特に、洗い場の床から10㎝までの範囲は、体を洗う際に飛び散った石けんの泡などで汚れやすいの部分なので、念入りにお手入れすると良いでしょう。

入浴を終えたら、浴室の壁や床全体にシャワーで水をかけておくよう心がけると、カビの発生を防ぐことができます。

バス小物

風呂イスや洗面器などのバス小物もまた、湯アカや石けんカスで汚れやすいものです。

これらの小物についても、使うたびに市販の掃除用クロスなどでこすり洗いをし、キレイになったらシャワーで汚れを洗い流しておきましょう。

なお、しつこい汚れについては、浴室用中性洗剤を使ってこすり洗いをします。