ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
家電・家具・ホームセンター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ショップ情報

収納術



浴室は水気が多く、バスグッズなどを床に置いたままにしておくと、カビやヌメリが発生する恐れがあります。

そのため、収納する際には、きちんと水を切り、乾燥させておくことが大切です。

また脱衣所は、タオル類や着替えなどで雑然となりがちです。

ここでは、浴室や脱衣所の収納のポイントをご紹介します。

浴室収納

浴室収納

石けんやシャンプーをはじめ、バスグッズや掃除用品など、細かなものが多く雑然となりがちな浴室は、ポイントを押さえた収納ですっきりとした、清潔感がある空間にしたいものです。

シャンプーなどの容器

シャンプーやリンスなどの容器は、床に置いたまま放置しておくと、容器にヌメリが生じたり、カビなどが生えて黒ずんでしまいます。

これらの容器は床に直接置かず、ラックにまとめて保管すると、ヌメリやカビを防止することができる上、使い勝手も良くなります。

ブラシやタオル

体を洗うブラシや体を拭くタオルは、使い終わったらタオルハンガーに掛けるか、そこにS字フックを掛け、吊るしておくと良いでしょう。

こうしておけば早く乾き、清潔な状態に保つことができます。

掃除道具

掃除用のクリーナーやブラシなどは、プラスチック製のカゴに入れ、まとめて保管しておきましょう。

水切れを良くして清潔な状態を保つためには、フックなどを使ってカゴごと吊るして収納すると良いでしょう。

浴槽の縁(へり)を有効活用

風呂桶やイスは、使わないときには浴槽の縁に掛けておくと、床に置いたままの状態と比べて、汚れやカビが付きにくくなります。

また、シャンプーやリンス、スポンジなどを収納するラックなどにも、浴槽の縁に掛けておくタイプのものがあります。

脱衣所収納

脱衣所収納

脱衣所は浴室からの湯気などが流れ込むため、湿気がこもりやすく、衣服を保管するのに不向きな場所です。

脱衣所には、入浴の前後に使用するものだけを厳選して置きましょう。

バスタオル

バスタオルをはじめとするタオル類は、意外とかさばるものです。

脱衣所が狭い場合には、入浴時に必要とする最低限の枚数だけを置きます。

毎日使うものなので、一番取り出しやすい場所に収納しましょう。

着替え

脱いだ服は、脱衣カゴにまとめて入れておきましょう。

このとき下着や上着など、汚れの種類ごとにカゴを分けておくと、洗濯をする際の手間を省くことができます。

着替えについては、1人分の着替えをひとつのカゴにまとめて入れておくと、すぐに取り出すことができて便利です。

消耗品類

シャンプーや洗剤などの消耗品を保管する際も、必要最小限の量にとどめましょう。

また透明で中身が見える箱やラックに種類別に分けて収納すると、何がどれだけあるのかが一目で分かり、管理しやすくなります。

なお、ストックがたくさんある場合は、洗面所以外の湿気の少ない場所で保管すると良いでしょう。