ご希望の家電・家具・ホームセンター情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト家電・家具・ホームセンターリサーチ
家電・家具・ホームセンター
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ショップ情報

レッツ模様替え



「賃貸だから…」といって、あきらめていませんか?

賃貸住宅でも、ちょっと工夫をすれば、おしゃれで楽しい模様替えがだれにもできます。

さあ、あなたもレッツ模様替え!

模様替えの鉄則

インテリアデザイナーになったつもりで

インテリアデザイナーになったつもりで

お部屋の模様替えのコツは、なんとなく気ままに替えるのではなく、自分がインテリアデザイナーになったつもりであれこれ考えてみることです。

「物があふれ雑然としているのでスッキリ収納させたい」とか、「自分の好みに合ったコーナーを創りたい」とか、まずはっきりとした目的を決めてからイメージを描くことが大切です。

まずは机上プランを描いてみる

まずはじめに、デザイナー気取りで机上プランを描いてみましょう。

間取りや家具のサイズを測り、図面上に家具の配置図を描いてみて、納得してから家具などを移動します。

お部屋のリメイク

お部屋のリメイクは服を着替える感覚で

あなたが自由にファッションを着こなしているように、お部屋も着替え感覚で自分好みにリメイクしてみませんか。

ポイントはファッションと同じ、まず色や素材からインテリアを考えてみることです。

カーペットやカーテン、またクッションのファブリックの色を統一したり、反対色を使ってコーディネイトしたりすることで手軽にイメージを替えられます。

家具の配置次第で広々空間

布切れ一枚で目障りな部分を覆ったり、お部屋に奥行きを持たせるように家具を配置したりすると、お部屋が広く見えます。

白色や明るい色でコーディネイトすると、お部屋が広く感じることができます。

お金を掛けない工夫

お金を使わずアタマを使う

お部屋をおしゃれに一新する秘訣は、「お金を使わずに、アタマを使うこと」。

ちょっとした工夫でおしゃれが演出できます。

トレリスもインテリアに変身

  • ガーデニング用のトレリス(鉢を吊るしたり、つる性植物をはわせたりするための格子状の垣)を室内の物掛けなど、インテリアとして使用するのもおしゃれです。
  • 薄いファブリック(布地や織物)で、ごちゃごちゃしたスペースを仕切ると、お部屋がシンプルになります。
  • 色がバラバラの家具にペンキを塗って同じ色に統一するとお部屋がスッキリまとまります。

小物を上手に使う

小物を使って個性的な部屋づくりを

100円ショップで売っているような小物や、廃物なども利用次第で個性的なお部屋づくりを演出してくれます。

例えば、写真の額縁にコンサートのチケットや拾ってきた葉っぱを入れて壁に掛けるだけで個性的なおしゃれが楽しめます。

ガラクタを集めてコーナーをデザイン化する

自分の好みでいつのまにか買い集めてしまったガラクタでも上手にレイアウトすれば、なんの変哲もないお部屋のコーナーをイキイキとデザイン化することができます。

また、空き瓶も、キャンディーやボタン、果実酒などを入れて並べると、カラフルでとてもおしゃれです。

照明を使って気分の変化を楽しむ

手軽に気分の変化が楽しめるのが照明です。

スポットライトをクリップで壁から掛けたり、間接照明にしたり、照明に和紙を巻いて和風にしたりと、照明にちょっと工夫をこらすだけで、癒しの空間を演出することができます。

模様替えお役立ちグッズ

DIYショップでお役立ちグッズを探そう

「賃貸だから自分の思い通りにはできない…」とあきらめていませんか。

釘などは使わなくても、ちょっとしたグッズで模様替えが可能になります。

DIYショップなどを覗いてみれば、お部屋の「模様替えお役立ちグッズ」がたくさん見つかります。

突っ張りポール・突っ張り棚
突っ張りポールで洋服掛けをつくる

突っ張りポール(棒)は壁を傷付けずに空間利用ができる便利なグッズ。

クローゼットや押入れの中に渡せば洋服掛けになるし、洗面所などとの間仕切りにも利用できます。

また、突っ張り棚はトイレや洗面台など、収納スペースがないところで活躍します。

棚の上に藤のカゴを置いたりすれば、予備のトイレットペーパーもスッキリ収まります。

ネジ留めポールホルダー・コマンドフック
釘の代わりにネジ留めポールホルダーを使う

ネジ留めポールホルダー(ポールなどの棒を壁を傷付けずにサッシや桟などに取り付け固定するもの)に棒を通せば壁を傷付けずにカーテンを掛けたり、布で仕切ったりすることができます。

コマンドフック(脱着可能なフック)はパソコンや電化製品などのコードを壁に固定するときに使います。

簡単に取り外せるのが利点です。

両面テープ
両面テープには1キロ以上の重さに耐えるものも

両面テープは使いたいものや壁の種類に合わせて様々なタイプがあります。

強力なものは、1キロ以上の重さにも耐えることができます。

ただし、両面テープを壁に貼り付けた場合、剥がすことも考えておかなければ、退去するときに大変です。

コンセント・スイッチプレート
意外なオシャレが楽しめるコンセント・スイッチプレート

コンセント・スイッチプレートはアルミ製や陶器製で、おしゃれなデザインのものが市販されています。

もともとのお部屋に付いているものはプラスチック製の味気ないものがほとんどですから、ちょっとしたおしゃれが楽しめます。